【交わした個人情報保護の約束忘れないよ】不正資金流出に続いて不正アクセスによる顧客情報ダダ洩れがバレた、ゆうちょ銀行「ミジカ」【マジか】

「気づく機会はあった、ような……」
「それはとっても呆れるなって」
「もう何も驚かない」
「責任も、方法も、あるんだよ」
「免責なんて、あるわけない」
「こんなの絶対おかしいよ」
「本当の原因と向き合えますか?」

「ゆうちょって、ほんとザル」

「そんなの、金融庁が許さない」
「もう国にも頼らない」
「最後に残ったマイナポイント」
「わたしの、最高の友達(現金決済)」

ゆうちょ銀、デビットカードで顧客情報流出の恐れ

ゆうちょ銀行は3日、デビットカード「mijica(ミヂカ)」の顧客情報が流出した恐れがあると発表した。7月から9月にかけて会員用の専用サイトが不正アクセスを受けていた。ミヂカでは同時期に332万円の不正送金の被害が出ており、サイトから流出した顧客情報が利用された可能性がある。専用サイトは3日夜に停止した。
ミヂカの会員の漢字とカナの氏名、生年月日、カード番号の末尾4桁、カード有効期限が流出した可能性がある。不正アクセスは7月28~30日、8月1~4日、同14~20日、9月9~13日に断続的に受けていた。顧客情報の流出件数などは分かっていない。
ミヂカを巡っては9月、送金機能を悪用した被害が判明した。被害は8月8日、9月6日、同15日に起き、54人の顧客の貯金332万円が第三者に不正に送金された。ゆうちょ銀は9月16日に送金機能を停止した。専用サイトの運用は続けていた。
ゆうちょ銀では、このほかにもNTTドコモのドコモ口座などのキャッシュレス決済サービスで約6200万円の不正引き出し被害が判明している。10月末までに一連のサービスの安全性を総点検するとしている。

(2020/10/3 日本経済新聞)

ここで「MAD マギアレコード セイクリッドレコード」を紹介。

MADならなんでもござれな「stone_cold」の万能度と比べて、ゆうちょ銀行のシステム部門ときたら以下略。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です