【敵の敵は味方だが】イスラエルと国交正常化したUAEにパレスチナが絶望【敵の敵の敵となると】

 ぶっちゃけ「どうでもいい存在」になるんじゃね? 「友達の友達の友達」が、笑っていいともワールド以外ではどうでもいい存在なのと同じで。

 大事なのはサウジその他のスンニ派諸国がUAEに続くかどうか、イスラエルと国交正常化してイランはじめシーア派と事を構えるに際して、米国をどうやってドンパチに巻き込むかどうか。いずれにしても、現地の情勢をうまく調律するには

2年前に布石を打っているサウジはともかく、他国はどう動くかねえ。どう動いても中東は二つに割れること必定だけどさ。

アラブ対イスラエル時代は崩壊 パレスチナ孤立化の恐れ

 アラブ首長国連邦(UAE)がイスラエルとの国交正常化に踏み切ったことに対し、パレスチナは「裏切りだ」と激しい反発を示した。アラブ諸国が一枚岩になってイスラエルと対決する時代が終わり、パレスチナが孤立化することへの恐れが強まっている。
  国交正常化の発表を受け、パレスチナ自治政府のアッバス議長の報道官は13日、「これはパレスチナ人への攻撃だ。(UAEは)恥ずべき宣言から、ただちに手を引くべきだ」と痛烈に批判。自治政府は、UAEの首都アブダビから大使を引き揚げさせることを決めた。14日午後現在、抗議の動きが過激化する兆しは出ていないが、イスラム組織ハマスなど各派閥が「パレスチナの大義を背中から刺す行為だ」などと強く非難している。
  長年のイスラエルとの対立で、アラブ諸国は一貫してパレスチナを支持してきただけに、今回の合意への失望は大きい。パレスチナ側は事前に知らされていなかったとみられ、そのことも怒りを増幅させている。

(2020/8/15 朝日新聞)

ここで「【東方MMD】あややや射命丸文」を紹介。

みんなで幸せになろうよ。にしても、WoedPress5.5になって色々使いにくい。画像編集機能だけでもまともに動かせるようにしてください。お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。