【コロナで圧力も利権も遠ざかった】秋元司容疑者をガシガシ追い詰め始めた東京地検特捜部 ~ IR疑獄【忖度捨てがまるは今ぞ!】

【年越しは】秋元司の逮捕に続いて、白須賀貴樹の事務所にも東京地検特捜部が手入れ ~沖縄カジノ収賄事件【芋づる料理で】(2019/12/25)
【なあに】東京地検特捜部、IR疑獄で秋元司容疑者以外の「関係者」岩屋毅や白須賀貴樹の立件を見送り【チャンスはまたあるさ】(2020/2/3)

ということで、次に何をすべきかは分かっているよね。東京地検特捜部。

キャリア惜しむな。名をこそ惜しめ。

秋元議員、弁護人通じ贈賄側に接触図る 証人買収事件

 カジノを核とした統合型リゾート(IR)をめぐる汚職に絡む証人買収事件で、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の疑いで逮捕された衆院議員の秋元司容疑者(48)=自民を離党=が、買収工作前にも自らの弁護人を通じて贈賄側と接触を図っていたことが関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、裁判での主張のすり合わせを働きかけようとしたがうまくいかなかったため、秋元議員が買収工作を進めたとみて捜査している。
 秋元議員はIR事業で便宜を図る見返りに、中国企業「500ドットコム」の元顧問、紺野昌彦(48)、仲里勝憲(48)両被告らから賄賂を受け取ったとして収賄罪で起訴された。2月に保釈された秋元議員は無罪を主張する一方、両被告は起訴内容を認めている。
 特捜部は20日、秋元議員が会社役員の淡路明人容疑者(54)らと共謀し、6、7月に那覇市内のホテルで、裁判でうその証言をすることへの報酬として紺野被告に現金計3千万円の提供を持ちかけた疑いで、3度目の逮捕に踏み切った。
 関係者によると、秋元議員は逮捕前、周囲に「弁護人が6月ごろから紺野被告の弁護人に話し合いを持ちかけていたが、うまくいかなかった」と説明。秋元議員は支援者だった淡路容疑者と保釈後に複数回会っており、その際に同様の話をしていたという。

(2020/8/21 朝日新聞)

ここで「【東方MMD】守矢神社には手を出すな!」を紹介。

恥ずかしながら、生きて戦場から浮世へ戻ってまいりました!by 自分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。