【世界はもう忘れたかしら】中国軍、インド側カシミールに「兵士滞在用の小屋」建造か【南沙諸島が中国に強奪されたプロセスのことを】

中国が南沙諸島を中心とする海域一帯を「海南省三沙市」としたのは2007年。

♪ あの頃の中国 まだ怖くなかった
♪ でも気が付けば 怖がるべきだった

カシミールは「陸の南沙諸島」にはならない?

何故言い切れる? 中国の前科を目の前にしながら。

【独自】中国軍、インド側カシミールに「兵士滞在用の小屋」建造か

 中国とインドの両国にまたがるカシミール地方のインド側支配域の一部で、複数の建造物が設置されていることが、米通信衛星運用会社が撮影した衛星写真の解析でわかった。インド国防省幹部は、この地域に入った中国軍が設置したと主張している。  7月29日に撮影された衛星写真では、標高世界一の塩水湖であるパンゴン湖北岸の道路沿いに、赤や青の建造物が点在している。印誌インディア・トゥデーによると、白い建造物は12戸あり、兵士が滞在するプレハブ小屋だとしている。桟橋付近には中国軍の青いボート約10隻が係留されているという。 カシミール地方は国境が未画定で、両軍は長年、衝突を繰り返してきた。6月には両軍兵の衝突でインド兵20人が死亡した。両軍は7月、パンゴン湖周辺などに緩衝地帯を設け、両軍の立ち入りを禁じることで合意した。印国防省幹部によると、実際には13日の時点で中国軍は湖周辺から撤収していない。この幹部は「合意に違反している」と語った。(ニューデリー支局 小峰翔)       

(2020/8/14 読売新聞)

ここで「【東方MMD】気まぐれメルシィ【7人】」を紹介。

海も山も一度汚しちゃうともとに戻すのに時間かかるんだぞ…(アフリカの方を見ながら)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です