【イベント中止…元コメディアン…まさかの当選】山本太郎代表@れいわ新選組、東京都知事選への出馬を表明【青島…うっ、頭が!】


「関係ないけど、25年前の都知事選で本命視されながら、青島幸男に惨敗した石原信雄はまだ御存命!」

与党が現職・小池百合子に相乗りで、野党が無駄に分裂している状況じゃ、さすがに1995年都知事選の再現はないと思うが、再現されたらされたでどうしたものか。

山本の「東京オリンピック中止」公約を支持する都民って結構多いと思うのよね。青島の時の「世界都市博覧会中止」と同じく。

…怖い考えになってしまった…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

都知事選出馬表明のれいわ山本代表、東京五輪の中止も主張へ

 れいわ新選組の山本太郎代表(45)は15日、記者会見し、東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に同党公認で立候補すると表明した。主な公約に新型コロナウイルス対策として都民全員に10万円、全事業者に100万円をそれぞれ迅速に給付するほか、大学や専門学校などの授業料免除を掲げた。東京五輪・パラリンピックの中止も主張していく。
 山本氏は「新型コロナウイルスという災害で、多くの人が職や家を失った。都知事になって餓死寸前の人を救いたいと思った」と説明。「(都知事は)国にもっとカネをよこせというべきだ」と強調した。
 都知事選には、再選を目指す小池百合子知事(67)のほか、立憲民主、社民、共産の各党が支援を決めている元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、日本維新の会の推薦を受ける元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)らが出馬を予定している。
 山本氏は、宇都宮氏との間で候補者一本化を模索したが互いに決意は固かったとした上で、「私は小池さんの票を食う候補」として宇都宮氏との間で票の奪い合いは避けられるとの認識を示した。

(2020/6/15 産経新聞)

ここで「パッチェさんのムキュ~な日常!」を紹介。

結果を人のせいにしちゃいかんよ。選挙も。お腹回りのお肉も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です