【2009年の鳩山邦夫総務相】「かんぽの宿」売却、日本郵政が発表【あのちゃぶ台返しが懐かしい】

かんぽの宿:譲渡見直し 総務相、「郵政」資産凍結狙い? オリックスは困惑(2009/1/8)

鳩山(弟)の一暴れからざっと13年か。施設の一部は外部に売却されたけど、全体として積極的にリストラを進めたり、資産価値向上策を推進したりした形跡もなく今日に至る。あの時、玉石混淆でバルク売りしておけば

累積赤字は約650億円に上る。

ここまで酷いことにはなってなかったかも。今となっては全て「if」な話だけど。


「オリックスにバルクで売っぱらってみんなハッピーな展開?それは無い×2」
「お上の手から離れた瞬間、苛烈な人的リストラが待っていただけよ」

だよね。

「かんぽの宿」売却、日本郵政が発表…来年春メドにまず32施設

 日本郵政グループは1日、全国で展開する宿泊施設「かんぽの宿」事業を売却すると発表した。

 まず、32施設を宿泊事業者などに来年春をメドに譲渡する。残る1施設も売却候補と協議を進めている。かんぽの宿は、人件費や食材費など高コスト体質で、赤字を出し続けてきた。累積赤字は約650億円に上る。2008年に、オリックスに全宿泊施設の一括売却を決めたが、低い売却額への批判が出て撤回した。

(2021/10/1 読売新聞)

ここで「U=ma01」を紹介。

なかなかギリギリな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。