【日本でも試してみる】社会的距離を保つための「パンダ相席」レストラン登場 ~ タイ・バンコク【価値あり】

客からも、「一人でも寂しくないし、アクリルの板もあって安心感がある」、「入店した瞬間に、ソーシャル・ディスタンス的にどこに座ればいいのか明確」と評判は上々だ。

「一般受けする無害キャラ」パンダだから同席を許される奇策ではあるけれど、日本でも模倣・一考するに値する試みだと思う。下手に店内のレイアウトを変えるよりよっぽど楽だし、うまくやれば、既存キャラなどの活用にもなるし。例えば、

  1. 東京ディズニーランドのレストランでミッキーたちと相席
  2. サンリオピューロランド周辺のレストランでハローキティたちと相席
  3. くまBAR以外の熊本県内飲食店でもくまもんと相席
  4. 水上温泉宿や谷川岳ロープウェイでぐんまちゃんと相席
  5. 上野や秋葉原周辺の飲食店でオリエント工業のラブドールたちと相席

とか色々あるやん。


「でも、1~4はともかく、5な人は、自分の恋人や娘さんなお人形をお店に持ち込んで、自らソーシャルディスタンスを取ってくれるから、お店が事前に準備しなくてもいいんじゃないかなあ」
「それな」

真面目な話、ソーシャルディスタンス意識の高い紳士や淑女が、My テディベアを持ち歩いて、仕事の合間のティータイムは相席のベア子と一緒に過ごしているというシーンが増えてもおかしくないと思うのよ。After/Withコロナの世界では。

パンダ相席で社会的距離を保つレストラン、バンコクに登場

一人で食べるのはさみしい?タイ・バンコクにあるこのベトナム料理店では、パンダの人形が相席。適切な「社会的距離」をパッと見ただけでわかるようにしている。
客からも、「一人でも寂しくないし、アクリルの板もあって安心感がある」、「入店した瞬間に、ソーシャル・ディスタンス的にどこに座ればいいのか明確」と評判は上々だ。

(2020/5/17 ロイター)

ここで「【MMD艦これ】シュガーソングとビターステップで艦これ1期を振り返る」を紹介。

「鬼滅の刃」完結。一気に走り抜いた感あり。見事。御見事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です