【BHO extract の製造に使うブタンガスに】大麻ワックスを扱っていた店が爆発・炎上 ~ リトル・トーキョー@米ロサンゼルス【引火してドカンに1票】

爆発が起きた建物では、可燃性のあるガスを使って大麻草の成分を抽出した大麻ワックスを扱っていたという情報もあり、消防が爆発の詳しい原因を調べています

これが本当なら、十中八九、大麻ワックスを作るときに使うブタンガスかプロパンガスが建物のどこかに滞留して、何かの拍子でドカン!というのが今回の出火原因だろ。素人が地下室や隠れ家で大麻ワックスを作ろうとしてやらかす事故としては特段珍しくない。

とみせかけて、


「コロナ禍のせいで先鋭化している、地元極右による東洋人へのヘイトクライムの可能性も微レ存ですけどね」

「中国人の野郎、コロナだけじゃなく、質の悪い大麻ワックスまで持ち込んでロスを火の海にしやがった!俺たちの仲間の消防士を危険に晒しやがった!許せねえ!!」「あ?リトル・トーキョーは日本人系?いんだよこまけーことは!」といった連中による放火の可能性も微レ存。

微レ存だけにおっかない。どこにどう飛び火するか分からんから。

米 ロサンゼルス中心部で爆発 消防士11人やけど 火災は鎮火

アメリカ・ロサンゼルスの中心部で16日、大きな爆発があり、地元の消防によりますと、消防士11人がやけどを負いました。爆発が起きた建物では、可燃性のあるガスを使って大麻草の成分を抽出した大麻ワックスを扱っていたという情報もあり、消防が爆発の詳しい原因を調べています。
アメリカ・ロサンゼルスの消防によりますと、16日午後6時半ごろ、「平屋建ての建物が燃えている」と通報がありました。
現場に駆けつけた消防士たちが煙を確認し、火元を特定するため建物の中に入ったところ、大きな爆発が起きたということです。
現地からの映像では、オレンジ色の激しい炎が灰色の煙と共に立ち上る様子が映っています。
この爆発で、11人の消防士がやけどなどをして病院で手当てを受けているということですが、いずれも命に別状はないということです。また、火災は2時間後に鎮火したということです。
消防によりますと、爆発が起きた建物では電子たばこの卸売業者が営業していましたが、可燃性のあるガスを使って大麻草の成分を抽出した大麻ワックスを扱っていたという情報もあるということで、爆発の詳しい原因を調べています。

(2020/5/17 NHK)

ここで「【東方MMD酔混祭】さとりんの紅魔館訪問」を紹介。

精神攻撃は基本。幻想郷でも。紛争地でも。ロサンゼルスでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です