【仮にこれが】駅の階段でJKに「ぶっかけプレイ」をやらかした京都府教委指導主事・平田匡嘉50歳、逮捕されるも容疑を否定【本当に冤罪だったとしたら】

  1. 平田匡嘉容疑者は容疑を否認している。
  2. 高校生は階段を上っている最中、右足首に液体がかかるのに気付いた。
  3. その際、後ろから追い抜く男を不審に思い、駅員に相談した。
  4. 高校生にかけられた体液のDNA型鑑定などの結果、容疑者が特定された。

普通に考えれば、2.と3.の状況証拠が揃って、4.の鑑定結果が出た時点で、平田容疑者が1.を100回主張しても無駄の極み。だが、仮にもし、

  1. 平田匡嘉主事は本当に無実。
  2. JKにかけられた精液は確かに平田主事のものだが、JKにそれをぶっかけたのは、平田主事に恨みがありかつ彼の精液を入手できる人物ないし、その人物の指示を受けた実行犯。
  3. ここで、JKに精液をぶっかけるのが好きなオッサンから精液を採取できる人物像をプロファイリング。
  4. あっ…(察し)。

これが真実だとしたら、

つまり、事態がどっちに転んでも平田主事の公務員人生はジ・エンド。すっぱりアキラメロン。

駅の階段で女子高生に体液 京都府教委指導主事を逮捕

女子高校生の体やバッグに体液をかけたとして、京都府警は15日、暴行と器物損壊の容疑で、京都府教育委員会学校教育課指導主事の平田匡嘉容疑者(50)=京都市伏見区淀本町=を逮捕した。容疑を否認している。
逮捕容疑は10月19日午前8時20分ごろ、京都市上京区の駅構内の階段で、女子高校生(18)の体に体液をかけ、着ていたカーディガンや背負っていたリュックサックなどを汚したとしている。
府警によると、高校生は階段を上っている最中、右足首に液体がかかるのに気付いた。その際、後ろから追い抜く男を不審に思い、駅員に相談したという。DNA型鑑定などの結果、容疑者が特定された。
府教委は「状況を確認してしかるべき対処をしたい」とコメントしている。

(2018/11/15 産経新聞)

ここで「【MMD艦これ】銀猫 (瑞鶴.Ver)【1080p】」を紹介。

「計画通り」(誰かの独り言)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です