【とりあえず】5月開催予定だったコミックマーケット98、コロナ禍のために中止【カタログを買うとしよう】

4月11日発売の「コミックマーケット98カタログ(冊子版)」は印刷・製本工程に入っており、このまま発売する。

同志加油。

夏の酷暑にも冬の極寒にも世間の偏見にも耐え続けてきた歴戦の猛者たちを舐めるなよ。ウイルス野郎。


「今冬、来夏は無理でも、いつか必ず、この借りは兆倍にして返す!」

人類を無礼るなよ。災厄神。特に日本のヲタはしぶといぜ。

コミケ初の開催中止 印刷・製本工程に入ったカタログは発売

5月2~5日に東京ビッグサイトで開催を予定していた世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット98」は27日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を中止すると公式サイトで発表した。
コミケは「同人誌を中心として、すべての表現者を受け入れ、継続することを目的とした表現の可能性を広げるための『場』であることを理念」として開催を目指してきた。「政府・東京都をはじめ関係各方面の発表等を注視し、開催に向けて検討を続けてまいりました。しかしながら、政府及び東京都による大規模イベント等に関する自粛要請の強化及び延長等によって大規模イベント再開の目処がつかないまま、コミックマーケット開催まで一か月を切ろうとする状況において、日本国内における新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえた政府新型コロナウイルス対策本部専門家会議の提言等も総合的に考慮し、このような結論に至りました」と苦渋の決断だったと説明した。
会場の利用可否、コロナの情勢もあり、7~8月に延期することは「現状考えておりません」と明記。「1975年の開始以来、コミックマーケットは、会場の問題など様々な件により幾度となく開催継続の危機に見舞われてきましたが、この度はじめてコミックマーケットの開催そのものを中止せざるをえなくなりました」と無念さをつづった。
そして「参加者の皆さんをはじめ、この間、コミックマーケット98の開催に向け、ご準備・ご協力いただきました関係の皆さんにこの場をお借りしてお礼申し上げます」と感謝の意を示し「また、今この瞬間にも新型コロナウイルス感染症に立ち向かっておられる医療従事者をはじめ、関係の皆さんのご尽力に心からの敬意と感謝を捧げます」と記した。
今後については「心はいつも皆さんと共にあります。今後も可能な限り、開催の継続に向けて努力を続けていきますので、参加者・関係者の皆さんには、ご理解・ご協力をいただけますと幸いです」とした。
またコミケの開催中止は「特質を踏まえた上での判断」と強調。「他のイベント・展示会・即売会等に対して無用な混乱を招くような問い合わせ等を行うことは、お控えくださるようお願いいたします」と呼びかけた。
なお4月11日発売の「コミックマーケット98カタログ(冊子版)」は印刷・製本工程に入っており、このまま発売する。

(2020/3/27 東スポweb)

ここで「【ヒープリ】魔法少女 のどかマギカ OP【MAD】」を紹介。

さあ。お手当の時間だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です