鬼畜過ぎて逆に感心する沖野玉枝@尼崎な件について

 ナマポ貰いながらカラオケスナックを経営しているのを隠しもせず、家に出入りしてした未成年DQN男女をそこで働かせ、児童相談所の常連の実娘に言い寄ってきた中学3年生のボウズを裸にひん剥いて、娘も含めたDQN全員参加の3時間連続集団乱交レイプを開催した挙句に、やっと逮捕された43歳のマダム沖野。

 あー。なんと言うか。アレだ。

f:id:kagura-may:20131210202431j:image

 尼崎仕様とまでは言わんけど、今は亡き角田美代子といい、とんでもないオバハンがデカイ面しとる街だなー。尼って。

「奴隷になって住み込むか」…尼崎中3監禁の女

 兵庫県尼崎市のマンションの1室で10月、中学3年の男子生徒(15)が監禁され、性的虐待を受けたとされる事件で、強制わいせつ容疑などで逮捕された無職沖野玉枝容疑者(43)が男子生徒に虐待を加える際、「奴隷になってこの家に住み込むか」と脅していたことが、兵庫県警への取材でわかった。

 沖野容疑者は、同容疑者の部屋に出入りし、同容疑などで逮捕された少年少女6人(14~18歳)と計画したうえで虐待に及んでいたといい、県警は経緯などを詳しく捜査する。

 県警によると、沖野容疑者は調べに対し、男子生徒が中学2年の長女(14)(児童相談所に通告)に交際を迫ったことに「腹が立った」と動機を供述。制裁を加えることを決め、逮捕された少女らに男子生徒を連れてくるよう指示していた。監禁に際しては、土木作業員の少女(18)が10月8日夜、電話で男子生徒を同市の路上に呼び出し、他の少年少女らとともに沖野容疑者宅に連れ込んだという。

 逮捕容疑となった翌9日未明の虐待時には、少年らが「お前、なめとるんか」などとどなる中、沖野容疑者は「住み込みで奴隷になるか」と脅迫し、虐待を主導したことを認めている。

 一方、沖野容疑者宅に多数の少年少女が出入りし、一部が集団生活していたことについて、沖野容疑者は「娘(長女)の友人なのでかわいがっていただけ」などと説明。逮捕された少年少女6人や、長女とともに児童相談所に通告された男子中学生(12)は長女の友人らで、出入りは今年2月頃に始まったとみられる。

(12月10日 読売新聞)

 最近、24時間365日「ウシジマくん」の斜め上を行っている現実世界。どないなっとるねん。

 ここで「【艦これ】艦娘たちが解体後に転職したら」を紹介。


D

…転職したいなー。リアルに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です