再送:サッカー=川淵会長「中田英は無視されてた部分ある」

 再送:文中の言い回しを変え、内容を加えて、再送します。

 [東京 5日 ロイター] 日本サッカー協会(JFA)の川淵三郎会長(キャプテン)は最近行われたロイターのインタビューで、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会を最後に現役引退した中田英寿氏などについて語った。

 川淵会長は、中田氏がチームのほかの選手と意思を通じさせることができなくなっていたとコメント。W杯で持てるすべてを出したが、無視されていた部分もあり、中田氏自身も、どうやって意思疎通させていいか分からなくなっていたとの見方を示した。

 中田氏とほかの選手の関係がうまくいかなかったことについて会長は、日本選手全般の控えめな性格も要因だと指摘。選手がどう考えているのか分からなく、主将(当時)の宮本選手でさえ自分の考えを胸のうちにとどめていたとしている。

 そのうえで、選手はチームに全力を尽くしているが性格的には非常におとなしく、中田氏はパイオニアだったと語った。

(ロイター) – 9月6日

 ヒデに対人的な柔軟性が欠けていたのは事実というか、言わば暗黙の共通認識。

 ただ、そういう暗黙の認識を公式に認めちゃう川淵キャプテンは「空気嫁」よと。抗議かまして記事に「圧力」をかけた連中も別の意味で大概だけどさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です