つまり2009年当時の民主党最高幹部は、自分自身が信じていないマニフェストをちらつかせて国民を騙したわけだ

 「お前ら、いいかげん国民を馬鹿にするのをやめろよな」と直情的に怒るべきか。「いや、まともな有権者は詐欺だって当時から分かっていたよ。そんな詐欺に引っかかるようなバカなB層有権者が一定数いたのが日本の不幸」とシニカルに笑うべきか。

 それにしたって、何で今更こんなことを公にするかな?。当時の詐欺フェストの責任を全部小沢一郎一派に押し付けて、今度の総選挙での逆風を少しでも弱めたいってことか?。もしそうなら、ちょっと虫が良過ぎる話だぜ、ハニー。

09年公約はポピュリズム=前原国家戦略担当相が著書で告白

 「違和感を拭えなかったのは『国民の生活が第一』とのキャッチフレーズ。単なるポピュリズムで政権を取っても自民党以上のバラマキになるのではないか」。前原誠司国家戦略担当相は近く著書を出版、この中で小沢一郎元代表(現在は新党「国民の生活が第一」代表)を中心に作成された民主党の2009年衆院選マニフェスト(政権公約)に当時から不信感を募らせていたことを明らかにした。

 「政権交代の試練 ポピュリズム政治を超えて」(新潮社)と題する著書で、前原氏は主要公約だった高速道路無料化やガソリン暫定税率廃止について「当初から納得できなかった」と告白。小沢氏に関しても「見え隠れするのは政権を取れば後はどうにでもなるとの考えで、自民党の最も古い体質を引きずった政治家かもしれない」と強く批判した。 

(11月7日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。