「総括」の魂は現政権内の同志がキッチリ引き継いでいる件について

 ジョークでも皮肉でもないよ。ぶっちゃけ。ですよね?、直近2代の官房長官殿。

永田死刑囚死亡 先鋭化、闘争の果て…「総括」同志ら殺害

 先鋭化した武力闘争で71~72年に起きた一連の連合赤軍事件の指導者、永田洋子死刑囚(65)が5日、静かに息を引き取った。銃と暴力で血塗られた革命思想は「総括」と称して仲間を死に追いやり、あさま山荘での壮絶な銃撃戦で途絶えた。事件から40年。かつての最高幹部の死は一つの時代の終わりを告げた。

 群馬県の榛名山や迦葉山の山岳アジトなどで12人の同志の命を奪った「山岳アジト事件」(71年12月~72年2月)。永田死刑囚は同志の指導者として次々とメンバーに「総括」の名の下に自己批判を迫った。総括はエスカレートし、他のメンバーに「総括援助」と称して暴力を加えさせるようになった。

 取り囲んで殴打し、緊縛して極寒の山中に放置した。死亡すると穴に埋めた。兄弟でアジトに潜伏した同志もおり、弟は兄を泣きながら殴った。妊娠8カ月で暴行を加えられて死亡した女性もいた。

 13人の殺人罪、1人の傷害致死罪に問われた。1審公判で非を認め、反省を口にしたものの、証人尋問で当事者を前に大声で笑い、判決では「人命蔑視の精神を表すものとして見逃すことができない」と指摘された。2審では「武装闘争は今後も起こる。連合赤軍の武装闘争の経験の総括も、今後の闘争に生かさなければならない」とも語っていた。

 裁判では「自分一人の責任ではない」と、元被告(獄中自殺)に責任をかぶせたが、82年には獄中で「十六の墓標」を出版し、革命家としての自身の半生を詳細につづった。獄中からの作品発表は多く、モデルにした映画も公開された。

 一方で、84年には控訴審公判中に椅子から滑り落ちて倒れるなど、脳腫瘍の症状が表れた。93年には「腫瘍の治療が行われていない」として、病院への移送と、国と手術した病院に慰謝料を求める訴訟も起こしていた。【石川淳一】

(2月6日 毎日新聞)

 「連合赤軍の武装闘争の経験を活かす」?。改めて「笑わすな外道」ですよ。左翼の中でも落ちこぼれの吹き溜まりが、革命ゲリラごっこついでに内ゲバで殺し合ったってのが連合赤軍事件の正体。活かすものがあるとすれば、「左翼の標榜する革命の本質は、否定と非難と排除の精神の腐ったカクテル」という苦い教訓位だ。

 こいつら頭デッカチの愚行、血生臭い御飯事のせいで、日本の学生運動はまともな連中の分も含めて命脈を絶たれた。今更ですが永田死刑囚には、自分たちが日本の将来に対してやらかした罪の深さを自身で「総括」してから、地獄に堕ちて欲しかったですな。

 ここで「【MMD】てゐ萃香「ハートキャッチ☆パラダイス!」を踊るの巻【東方】」を紹介。


D

諸兄には、心中察して頂きたく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です