【復興五輪の象徴から】福島で保管の聖火、5月にも東京へ【再開五輪のシンボルにするつもりなのか?】

来年の春か秋か分からないけど、東京五輪の再開時期が決まったらそれに合わせて、福島からリレー再開させればいいのと違うかい?「東日本大震災からの復興五輪」なんだろ。2020東京五輪は。それとも、


「2021東京五輪はコロナ禍からの世界復興五輪だから、日本の首都・東京にその象徴である聖火を置くのが当然」
「とか考えているんじゃないよな」

それにしたって、都知事自ら「東京封鎖するぞ封鎖するぞ」とお題目を唱えている時期に、新しい観光スポットを都内に作るとか、いささか危機意識が薄くないかい?東京五輪関係の偉い人。

福島で保管の聖火、5月にも東京へ

東京五輪・パラリンピックの延期決定に伴い、大会組織委員会が、聖火を4月の1カ月間、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で展示する方針を固めたことが27日、関係者への取材で分かった。5月以降は東京都内での保管、展示が計画されている。
同施設は、五輪延期に伴って中止された聖火リレーの出発地点とされていた。
関係者によると、同施設のホテル棟ホールでの展示を予定、ランタンに格納した聖火を一般公開する。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、密集状態を作らないよう、警備員を配置して、観覧客を誘導するという。展示は毎日行う方向で調整が進められているが、感染状況によっては公開中止も検討する。
聖火をめぐっては、五輪延期が決定した24日夜、組織委の森喜朗会長が福島県の内堀雅雄知事に県内での聖火の保管を打診。内堀知事は会見で「希望のともしびを、福島の復興のシンボルでもあるJヴィレッジで掲げたいとの個人的な思いがある」としていた。

(2020/3/28 産経新聞)

ここで「【MMD艦これ】スイートマジック / Sweet Magic【響】」を紹介。

本当に価値がある尊いものなら、どこにあっても輝き続けるものだ。響のようにな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。