【誰に】細野豪志に無審査で5000万円貸し付けたJC証券へ無意味な行政処分【忖度】

【まさに】細野豪志曰く「希望の党運営に必要かも知れないのでJC証券から5000万円借りた」【忖度】(2018/6/28)

先月のこの騒動の続報。

 JC証券はM&A(合併・買収)の助言が主な収益源。登録取り消しで投資信託などの販売はできなくなるが、販売実績はない。M&A助言は登録がなくても継続できる。

政治家や官僚の元身内ゴロゴロなJC証券に甘い処分のように見えて、その実、あからさまに世間の反感を買いに来ただけの悪手を弄した金融庁。

誰が誰に忖度して、誰から誰にどういう報酬が渡った結果かはわからんが、いやらしい決定が下ったもんだねえ。

金融庁、細野氏融資のJC証券処分=経営管理機能せず登録取り消し

金融庁は24日、取締役会を開かずに増資を決めるなど経営管理体制が機能していないとして、JC証券(東京)に対し、金融商品取引業者の登録を取り消す行政処分を出した。
関係者によると、同社は昨年10月の衆院選期間中、細野豪志元環境相に5000万円を貸し付けていた。
金融庁によると、JC証券は昨年10月、会社法上必要な取締役会や株主総会を開かないまま、親会社を割当先とする2億5684万円の増資を実施。正当な手続きで取締役会が増資を承認したとする虚偽の議事録を作り、当局に提出した。
増資した資金の大半は貸し出されたが、資金使途や返済能力などの審査をしていなかった。関係者によると、貸し付けのうち、5000万円が細野氏に渡ったという。
JC証券はM&A(合併・買収)の助言が主な収益源。登録取り消しで投資信託などの販売はできなくなるが、販売実績はない。M&A助言は登録がなくても継続できる。
処分を受け、JC証券は「心よりおわびする。厳粛に受け止め、顧客に迷惑を掛けないよう対処する」とのコメントを発表した。同社の役員には元衆院議員らが名を連ねている。

(2018/7/24 時事通信)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です