「米共和党の牙城」アラバマ州の上院補選、民主党候補のダグ・ジョーンズが、共和党候補のロイ・ムーアに勝利

 米CNNなどが報じたところによると、開票率94%時点で元検事のジョーンズ氏の得票率は49.6%で、ムーア氏は48.7%となっている。

 投票日前日時点で、民主党のジョーンズ候補への支持率が共和党のムーア候補より10ポイント高かったことを考えれば、ムーア候補は善戦した方だろう。もっとも、両者の差が縮まったのは、ムーア候補や共和党の自力での追い上げというよりニューヨーク爆弾テロの影響だろうが、結果良ければ全て良し。

 記事内にもある通り、アラバマで共和党候補が敗北すること自体、稀有なケースだが、重要法案での与党・共和党議員の造反が頻発している連邦議会で、同党の議席数がカツカツ過半数にまで落ち込んだことは、共和党全体のみならず「俺様ファースト」トランプ大統領にとっても痛い結果となった。いや全くお気の毒。

f:id:kagura-may:20140510224145j:image:w300

 m9(^Д^)プギャーwwwwww

米アラバマ州の上院補選、民主候補が勝利 トランプ政権の議会運営に暗雲

【AFP=時事】(更新、写真追加)米南部アラバマ州で12日、連邦議会上院の補欠選挙が行われ、民主党候補のダグ・ジョーンズ(Doug Jones)氏が共和党候補のロイ・ムーア(Roy Moore)氏に勝利した。同州は共和党の地盤だがムーア氏は性的不品行疑惑を払拭(ふっしょく)することができず、同氏を支援していたドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領にとって重大な痛手となる。

 今回の選挙は2017年に米国で行われた選挙の中で最も激しい争いとなり、強固な保守地盤であるアラバマ州で民主党が勝利したことはトランプ氏にとっては大きな打撃となる。

 米CNNなどが報じたところによると、開票率94%時点で元検事のジョーンズ氏の得票率は49.6%で、ムーア氏は48.7%となっている。

 ジョーンズ氏は同州バーミンガム(Birmingham)で支持者らから祝福の歓声が沸き上がった直後に、「ありがとう、アラバマ!!」とツイッター(Twitter)に投稿した。

 アラバマ州最高裁元長官のムーア氏が敗れたことで、連邦議会上院(定数100)で共和党の議席は51席へと減少する。

 共和党議員にとっては屈辱的な敗北で、トランプ氏の法案を議会で通過させることが困難となり、また極めて重要な2018年の中間選挙を控えて責任を問われる立場となるのは必至だ。

 ジョーンズ氏の勝利を受け、トランプ氏はツイッター(Twitter)に祝福するメッセージを投稿。「厳しい戦いに勝利したダグ・ジョーンズ氏、おめでとう」「勝利は勝利だ」などと述べた一方で、「これで終わりではない!」とも強調した。【翻訳編集】 AFPBB News

(12月13日 AFP-BB)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です