新春の初射ち 2022 ~ 北朝鮮、弾道ミサイルの可能性がある飛翔体を発射。日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下

もう慣れた。慣れちゃいけないんだけど。もっとも、


「慣れたが、許してはいない」

とりあえず、この位の気構えでいいんじゃない?一々本気で付き合うと、そのなんだ、疲れる。

北ミサイル、EEZ外の日本海に落下か…岸防衛相「通常の軌道であれば500km飛翔」(2022/1/5 読売新聞)

北朝鮮は5日午前8時7分頃、同国内陸部から弾道ミサイルとみられるものを東方向に発射した。日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下したとみられる。航空機や船舶への被害は確認されていない。防衛省が同日、発表した。

岸防衛相は記者団に「通常の軌道であれば約500キロ・メートル 飛翔ひしょう した」と述べた。日本政府は米韓当局と連携し、ミサイルの種類や落下地点などの分析を急いでいる。

岸田首相は5日午前、情報収集・分析に全力を挙げ、国民に迅速・的確な情報提供を行うことなどを指示した。北朝鮮によるミサイルは昨年10月19日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射して以来で、首相は「昨年来、北朝鮮が連続してミサイルを発射していることは誠に遺憾だ」と非難した。

一方、韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が弾道ミサイルとみられる飛翔体1発を発射したと発表した。北朝鮮の 金正恩キムジョンウン 朝鮮労働党総書記は、昨年末の党中央委員会総会で、今年の党と国の活動方針について「不安定化している朝鮮半島の軍事的環境と国際情勢により、防衛力の強化が求められる」と演説し、核・ミサイル開発を継続する姿勢を強調していた。今年初のミサイル発射は、こうした方針に沿ったものとみられる。

米バイデン政権は、北朝鮮に対する経済制裁を堅持する姿勢を示し、米朝協議が再開する見通しは立っていない。北朝鮮としては昨年に引き続き、核・ミサイルの性能を向上させ、交渉力を高める狙いがあるとみられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。