急速に「嫌難民化」が進むドイツ ~ 全土で難民収容施設への放火が多発。メルケル首相に豚の頭が届けられる。

 ミュンヒ氏は、大規模な極右組織が放火の背後にいるという情報はないとし、大半は現場周辺に住む人物の犯行だと述べた。

 一方で同氏は、インターネット上に広がる移民・難民に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)が、放火の引き金になっている可能性があるとして懸念を示した。

 一部のネオナチや極右勢力の暴走なら、まだいいんだがな。難民が配された地域で地元住民の反発が頻発しているってことは、事態は既に、一部のハネッカエリの暴走ではなく、民族単位での対立ステージに至っているということだ。ドイツの官憲が難民排斥運動を取り締まると、自国民からの反発はむしろ強まることになる。メルケルへの豚の頭のプレゼントはその象徴だな。

 そして、現体制への反発は移民への憎悪に転化し、憎悪の受け皿となり、自分たちを鼓舞してくれる組織を育てる土壌になる。2010年代後半は「ドイツのための選択肢」が、1920-30年代は「国家社会主義ドイツ労働者党」が、その憎悪の受け皿に相当する。

 つまり、ドイツはこのナチスを生んだ時代から何も変わっちゃいない。その事実を世界に知らしめたのは他ならぬドイツ人自身。誰を恨むでもない。納得尽くの頑なさだ。故に、

f:id:kagura-may:20140907141758j:image:w250

「ドイツは、このまま嫌難民路線を突っ走る」

 国ではなく民が方針を定めたらその方向にキッチリ舵を切る、それがドイツ。何より、中途半端を嫌うのがドイツ人。その気真面目さが、100年ぶりの狂気に変わる日は近い。

ドイツ、難民収容施設への放火が増加 警察発表

 【AFP=時事】ドイツ当局は14日、同国に昨年流入した移民・難民を収容する施設への放火が増加し、反移民の暴力に対する懸念が高まっていると明らかにした。

 ドイツ連邦刑事庁(BKA)のホルガー・ミュンヒ(Holger Muench)氏が地元紙に語ったところによると、今年に入りすでに45件の放火が発生したという。

 1月末に発表されたBKAの統計によると、ドイツが移民・難民に門戸を開き、内戦下のシリアから逃れた人々を中心に110万人が流入した昨年、亡命希望者らを収容する施設への放火は92件発生し、2014年の6件から大幅に増加した。

 ミュンヒ氏は、大規模な極右組織が放火の背後にいるという情報はないとし、大半は現場周辺に住む人物の犯行だと述べた。

 一方で同氏は、インターネット上に広がる移民・難民に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)が、放火の引き金になっている可能性があるとして懸念を示した。【翻訳編集】 AFPBB News。 

(5月15日 AFP-BB)

メルケル首相事務所前に豚の頭=ドイツ

 【ベルリンAFP=時事】ドイツ北東部シュトラールズントにあるメルケル首相の事務所前で14日、豚の頭部が放置されているのを巡回中の警官が見つけた。警察によると、首相宛ての「侮辱するような言葉」が付けられていたという。

 シュトラールズント選挙区は26年前、メルケル首相が初めて連邦議会(下院)議員に当選したお膝元。首相は昨年、欧州に殺到した難民らを歓迎する姿勢を示し、多くの国民から批判を浴びた。 

(5月15日 時事通信)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。