金高雅仁警察庁長官「伊勢志摩サミットの警備は想定外を想定せよ」

 よっしゃ。世界よ、これが日本の「想定外」テロリストの代表だ!

f:id:kagura-may:20150923185131j:image:w300

 こいつらを見てくれ!

 こいつらを見ろ!!

 お前らが憧れるクールジャパンを具現化したエロリストが、ここにいる!!

f:id:kagura-may:20160506214540j:image:w300

 なんてね。

 真面目な話、与えられた課題に対処するしか能のない警察官僚から、「想定外を想定しろ」なんて禅問答な能書き垂れられても、現場への説得力はゼロだよね。つかさ、

「常に『想定外』のことを想定しておかなければならないのが警備だ」と述べ、どのような事態が起きてもサミットの安全を確保するよう指示しました。

 こんな精神論的な現場への丸投げ訓話、指示でもなんでもねーよ。金高長官、あんたは詐欺事件や不祥事系の騒動には強いかもしれんが、荒事にはサッパリなんだから、せいぜい現場の邪魔だけはすんなよな。

警察庁長官 サミット警備は「想定外を想定せよ」

 「伊勢志摩サミット」の開催まであと20日となり、警察庁の金高長官は警備に関わる幹部を集めた会議で、サミットを巡る警備情勢は絶えず変化するとして、常に「想定外」を想定し、どのような事態が起きても安全を確保するよう指示しました。

 警察庁は今月26日と27日に三重県で開かれる「伊勢志摩サミット」を前に、警備に関わる警察幹部を集めた委員会の最後の会議を6日朝、東京都内で開きました。

 この中で金高長官は、先月、広島で開かれたG7=主要7か国の外相会合で各国の外相が急きょ、原爆ドームを視察したことや、熊本地震の活動がいまだに予断を許さない状況であることに触れ、「サミットを巡る警備情勢は絶えず変化する」と指摘しました。そのうえで、「常に『想定外』のことを想定しておかなければならないのが警備だ」と述べ、どのような事態が起きてもサミットの安全を確保するよう指示しました。

 警察庁は会場などの警備に、国内で開かれた前回の「北海道洞爺湖サミット」を上回る2万数千人規模の態勢で当たるとともに、サミットに合わせてアメリカのオバマ大統領の被爆地・広島への訪問が検討されていることから、広島の警備についても対応できるよう準備を進めています。

(5月6日 NHK)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です