【キメキメ】松原郁弘容疑者はミュージシャン【校長先生】

 偏見だと分かっていても、何となく納得。人一倍、繊細な人だったんだよ。きっと。人に言えない感性持ちで、薬に溺れやすい人だったんだよ。きっと。

f:id:kagura-may:20140214185448j:image

 でも、ミュージシャンと違って、こういう免罪の仕方は許されない。教育者だから。残念だけど、しょうがない。

覚醒剤所持の校長、専門は音楽…校歌作曲も

 高知県警は9日、覚醒剤を隠し持っていたなどとして、福岡県春日市大和町、市立大谷小学校長、松原郁弘容疑者(57)ら2人を覚醒剤取締法違反(所持など)容疑で逮捕したと発表した。

 注射器も所持しており、県警は同法違反(使用)容疑で調べる。

 現職の校長がなぜ――。松原容疑者が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された9日、春日市教委の関係者や元同僚、保護者らの間には衝撃が走った。

 同市教委によると、市役所ではこの日、市内の小中学校長を対象に、人権問題に関する研修会が開かれ、松原容疑者も出席していた。午前11時頃、3人の捜査員が、退室してきた松原容疑者と言葉を交わした後、隣接する福岡県警春日署に任意同行した。松原容疑者に動揺した様子はなく、落ち着いた表情で応じたという。

 松原容疑者は1979年に教諭として採用された。福岡県内の小学校教諭や同県教育センターの主任指導主事などを務めた後、校長となり、昨春から現職。専門は音楽で、複数の学校の校歌を作曲している。

 事件を受け、春日市の山本直俊教育長は「非常にまじめで、学校運営にも真摯しんしに取り組んでいたので信じられない」とショックを隠せない様子。「児童や生徒への薬物乱用防止教育を進めている中、見抜けなかったことが申し訳ない」と言葉を絞り出した。

 同僚の間では、教育熱心なことで知られていた。新宮東小学校(福岡県新宮町)の校長だった3年前には、教育専門雑誌に学校での独自の取り組みを論文として寄稿。教師が児童一人ひとりの課題を把握し、適切な褒め言葉をかけることで成長する、などと記していた。

(5月10日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。