【その場凌ぎ一瞬】東濃高校の遠足バス手配を忘れたJTB社員、ミスを誤魔化すためにニセ手紙騒動を起こしてチェックメイト ~ 岐阜【怪我一生】

 やらかしちゃた男性社員も、心情的に追い詰められての泥沼ハマり一直線だったんだろうけどさ、ニセ手紙事件起こして仮に遠足を延期させたところで、バスの手配ミスがバレないわけないんだし。もしそうならなくても、高校からの被害届経由で刑事事件になって、更に大事になるだけなんだし。どう転んでもダメだったんじゃねーの?。

 だから、素直に「ごめんなさい」して、迷惑料込みで別のゴージャス無料旅行の後日開催を提案するか、それが無理なら、公共交通機関を使う近郊の旅行プランを速攻で作って、提供した方がまだ良かったのにね。JTBならできるだろ?。その位の力技。お客も呑むだろ?。無理かな?。

f:id:kagura-may:20140429175251j:image

 某ベッキー先生のせいで、「岐阜の教育機関なら、この位のトラブル、生暖かくスルーしてくれるんじゃねーの?」と軽く考えてしまっているWA・GA・HA・Iの言うことだから、話10分の1で聞いてくれないとらめだぞぅ☆。

「遠足中止を」生徒装い手紙=JTB社員、手配ミス発覚恐れ―岐阜

 JTB中部(名古屋市)の男性社員が、岐阜県立東濃高校(同県御嵩町)の遠足バスを手配し忘れ、ミスを隠すため、生徒を装い遠足中止を求める内容の手紙を学校に届けていたことが29日、同校への取材で分かった。遠足当日バスが来なかったため手配ミスが発覚、遠足は延期された。

 同校によると、遠足は全校生徒317人が対象。各学年ごとに名古屋市の東山動物園、三重県桑名市のナガシマスパーランドなどに行く予定で、男性社員に大型バス11台の手配を依頼していた。

 男性社員は遠足前日の24日夕、「学校の郵便受け近くに落ちていた」と言って、同校事務室に手紙を届けた。匿名で生徒を装い「(遠足に)行くのは死ぬよりつらい」などという内容だったという。このため同校は電話で、全校生徒の安否を確認。該当者がいなかったため遠足実施を決めた。

 しかし25日朝、全校生徒が集まる中、バスは来ず手配ミスが発覚。JTB側がその後、全校集会で謝罪した。同社の調査で手紙は男性社員が書いたことが判明したという。 

(4月29日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です