衆院選、日本未来の党と社民党が選挙協力 ~ 阿部知子はどの面下げて両党の協議の場に出るつもりだろう?

 まさか、阿部知子は、両党を繋ぐために、わざと福島瑞穂と衝突して社民を飛び出し、先行して未来に合流していたのか!。

 …んな訳ねーか。そんな芸当ができるおばさん達じゃねーもんな。「社民=市民の党=嘉田由紀子」という極左繋がりなだけだろうけど、会見の場に阿部知子じゃなく同格(副代表)とは言え、森裕子が出てくるあたり、関係者間の微妙な距離を感じるなー(笑)。

未来と社民が選挙協力=脱原発、反TPPに向け【12衆院選】

 日本未来の党の森裕子副代表と社民党の又市征治副党首は3日、都内でそろって記者会見し、「脱原発」政策などを実現するため、両党が衆院選で協力することで合意したと発表した。

 合意内容は(1)脱原発基本法案の早期成立を目指し、原発再稼働は認めない(2)衆院選後に消費増税廃止法案を提出する(3)環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する―の3点を共通政策と設定。これらの実現に向け、両党は「衆院選で競合を極力避け、地域事情も考慮しつつ、可能な限り相互に支持・支援」するとした。

(12月3日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です