男出頭、関与の疑い=銃刀法違反で逮捕へ-元次官宅連続殺傷

 コイズミ・ツヨシこと小泉毅なる容疑者が、真犯人かそれともだれかの身代わりか、真犯人にしても思想的な理由によるものか、私的な怨恨によるものか、「人生の主役」になれなかった「頭の中の正義の味方」の自己顕示欲的義憤の暴走によるものかの糾明は「一応」今後の捜査に任せるとして、

f:id:kagura-may:20070902030129j:image

「姐御!姐御!レンタカーで乗り付けてるのに、何で身分証明は免許証じゃなくて住民票なんだ?」

「免許証は持ってない。つまりレンタカーを実際に借りたのは…ってことでしょ」

 つっても、10年間音信不通だった実家に別れの電話をかけるわ、所有のアダルトDVDを同じアパートの住人にあげるわと、妙に冷静(笑)に身辺整理済ませた後で自首するような人物だからなあ。小泉容疑者ってば。計算してそういった「演技メッセージ」を残す位のことはやりかねない気もするけど…さてさて。

 22日午後9時35分ごろ、東京・霞が関の警視庁正面玄関に、元厚生事務次官宅襲撃事件について、自分が殺したと男が出頭した。複数のナイフを持っており、血が付着していた。同庁は事件に関与した疑いがあるとの見方を固めた。銃刀法違反の疑いで逮捕する。

 男は「コイズミ・ツヨシ」(46)と名乗っており、身長は約160センチで、被害者の目撃情報と合っている。1人で車に乗って現れた。

 男は住民票を持っていたという。

 男の身柄は麹町署に搬送された。銃刀法違反の疑いが持たれている。

 政府筋は「(犯人は)指紋を残していないので慎重に捜査している」と話した。

(11月22日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。