案の定、復興相はドラゴン松本かよ

 記事内にある「要の役」を「悪の役」と誤読してしまったのは、神楽の目が悪いだけなのか。それとも、松本龍氏とその周辺の正体が頭の中に刷り込まれ過ぎなだけなのか。多分両方だな、うん。

 とりあえず、震災から3カ月「何もやらなかった防災相」に何かできるとは思わないがな。そりゃ、亀井静香ちゃんだってアタマ傾げるさ。でも、●●という視点から観ると、とってもスッキリ納得のいく人事なんだな、これが。褒めてなんてやらんけど。まあ、テンパった揚句にバックにいる同和利権連中に利益供与しかねんが、もしそんなことやらかしたら、菅総理よりも先に退場してもらうから覚悟しとけよ、と>松本のボン。

復興相に松本防災相…環境相兼務は解消へ

 菅首相は24日、東日本大震災の復興基本法の施行に伴って新設された復興相に、松本防災相の起用を決めた。27日にも任命する。松本氏は政府の緊急災害対策本部の副本部長として震災直後から、被災者の生活再建支援などを担当しており、政府の震災対応の継続性からも適任と判断した。

 首相は24日夜、首相官邸と首相公邸前で、記者団の問いかけに対し、「復興相は松本氏に私からお願いし、基本的に引き受けていただくことになった。復旧から復興へ切れ目なくかつ迅速に、そして夢のある復興を実現する要の役をやってもらいたい」と述べた。

 松本氏は同日夜、記者団に「被災者のためとことんやり抜く」と語った。

 松本氏は、復興相就任に伴い、防災相については引き続き兼務する一方、現在、同じく兼務している環境相からは外れる見通しで、環境相を蓮舫行政刷新相に兼務させる案などが出ている。また、平野達男内閣府副大臣を復興担当とすることが固まり、副大臣数人を差し替える案も出ている。首相は同日、首相官邸で玄葉国家戦略相(民主党政調会長)、自らに近い北沢防衛相と相次いで会談しており、閣僚間の担当の調整などについて協議したとみられる。

(6月24日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です