悔しいが、このいい意味での直情さが日本人には欠けている件について

 今の環境に安住して不満に目をつぶり、敵対者とケンカできるだけの力をつけようともせず、愚痴を吐く以上の事をやらない人間って、豚や羊と変わらない。そこに進化は無い。

<中国>「ネット検閲の父」に靴投げる

 【北京・工藤哲】中国当局が都合の悪い情報を遮断するため独自開発した国家規模のネット検閲システム「万里の長城」を整備した北京郵電大学の方浜興学長が19日、湖北省武漢の武漢大で講演中、男子学生に卵と靴を投げられる騒ぎがあった。靴のみ胸に当たったが、けがはなかった。ネット上では「靴を買いたい」「(投げた学生は)英雄だ」などと絶賛されている。

 20日の香港各紙(電子版)によると、学長は「検閲の父」と呼ばれている。靴を投げたのはネット規制に批判的な学生で、最初に卵を投げたが当たらず、靴を投げ、他の学生らの支援を受けて逃走した。

 学生は各紙の電話取材に「ネットの自由がなく、周囲の学生もまったく(方学長に)好感を持っていない」と話した。

 中国当局は、政府に批判的な言論が集まりやすいサイトのアクセスを検閲システムで遮断。このため、中国国内ではツイッターやフェイスブック、動画サイト「ユーチューブ」が閲覧できず、学生やネット利用者の不満が高まっている。

(5月20日 毎日新聞)

 もっとも、敵対側は敵対側で、相手が豚や羊だからこそ見逃しているって側面もあるけどね。上位者は、牙を持つ人間には自由を与えないもんだ。「ぬるま湯の中での停滞」か「過酷な環境下での進化」か。難しいね。

 とりあえず「靴を投げたのはネット規制に批判的な学生で、最初に卵を投げたが当たらず、靴を投げ、他の学生らの支援を受けて逃走した」のくだりは、素直に羨ましいと思うけど。いいよね。こういう一体感。

 ここで「春香・美希 Bad Apple!!」を紹介。


D

ふと忘れちゃうけど、MMDなんだよなー。これって(感心)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です