地下鉄サリン事件から、もう17年か

 長かったね。

 それはそれとして、通報を受けた当初、駆けつけた警察官は「こいつ高橋と違うやろ」モードで信じていなかったとか。ネットカフェの店員さんより「見」で劣るプロの警察屋って…いいのか?。

高橋容疑者逮捕、警視庁本部で本格取り調べ

 1995年3月に起きたオウム真理教による地下鉄サリン事件で、殺人と殺人未遂容疑で特別手配されていた高橋克也容疑者(54)が15日朝、東京都大田区のJR蒲田駅近くの漫画喫茶で、警視庁捜査員に身柄を確保された。

 同庁は午前11時過ぎ、同容疑で逮捕した。高橋容疑者は、教団の事件で特別手配され、逃走を続けていた最後の信者。サリンや爆弾で無差別殺人を図り、社会を震撼させたオウム事件に対する捜査は、大きな節目を迎えた。

 高橋容疑者は教団「諜報(ちょうほう)省」に所属し、地下鉄サリン事件のほか、目黒公証役場事務長拉致事件や東京都知事あて郵便爆弾事件など5事件でも逮捕状が出ていた。

 捜査関係者によると、15日午前8時半頃、大田区西蒲田の漫画喫茶から「高橋容疑者に似た男がいる」との通報があった。同庁の捜査員が9時10分頃に到着し、「高橋克也か」と聞くと、「はい」と答えた。

 高橋容疑者は同日午前6時過ぎ、1人で店に入ったといい、現金約470万円を持っていたという。今月4日に購入したキャリーバッグは、横浜市の鶴見駅西口のコインロッカーに隠したと供述。中には携帯電話や衣類が入っているという。

 漫画喫茶最寄りのJR蒲田駅は、高橋容疑者の足取りが最後に確認されたJR川崎駅の隣の駅。同庁は高橋容疑者を蒲田署に任意同行し、指紋の照合などを行った後、東京・霞が関の同庁本部に身柄を移した。

(6月15日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です