インドで多発する女性虐待事件 ~ アヴドゥルさん@JOJOの「インドは『これだから』いい国なんですよ」発言を素直に信じていた時期が、俺にもありました

 実際、ビジネス上手な印橋に代表される先進的・優秀なリアリストな部分と、ヒンドゥー経やカーストといった宗教や民族的な価値観に縛られている前近代的な部分とが、同居しているところがあるよな。インドって。で、人妻以外の女性を軽く見るのは、後者の方の悪しき面と。

 このインドという国のキャラクターを、一概に間違っているとは言えないのが、難しいところ。その両極端さが同居しているのが、同国の魅力でもあるわけだから。ヒンドゥー教徒にマヌ法典捨てて、西洋と同じ価値観で生きろってのは、イスラム教徒にコーラン捨てろってのと同じ。そりゃ無茶ってもんだ。

 もちろん、女性をレイプしたり、言うこと聞かないからと相手の女性の顔を焼くなんて蛮行が肯定されるわけじゃない。重要なのは、最近良く目にする「インドでの女性虐待」は、単なる女性蔑視な国民性ってだけでは片付けられない問題だということだ。この点の根深さをインド以外の国の国民が正確に理解した上で、上記のような蛮行を非難するような対応しないと、あっという間に文化対立にエスカレートしてしまうリスクがある。そのリスクの顕在化が一番恐ろしい。

 それにしても、インド/ヒンドゥーの神様ってどっちかって言うと、女神の方が「おっかない」派が多い気がするんだけど、何で人間界じゃ力関係が逆なんだろう?。誰か教えて。バクシーシ。

インドのバスでまた集団強姦事件、6人逮捕

【AFP=時事】インド北部パンジャブ(Punjab)州で、長距離バスの乗客の女性が複数の男に性的暴行を受ける事件が新たに発生し、警察当局は13日、容疑者6人を逮捕したと発表した。

 地元警察官がAFPに語ったところによると、29歳の被害者の女性は11日、親族の家に向かうためバスに乗っていた際に誘拐された。シーク教の聖地アムリツァル(Amritsar)との境に近い地区まで乗せられてから、バイクで知らない場所に連れ去られ、バス運転手と車掌に5人の男を加えた7人に暴行された。その後被害者は12日午前、親族の住む村の近くで解放された。

 警察当局は、残る容疑者1人の行方を追っている。【翻訳編集】 AFPBB News

(1月13日 AFP時事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です