またも懲りずに人権救済法案推進かよ、この売国奴!な件について

 もっとも、「民主保守系反発」ってワザワザアピールしているあたり、最初から潰して世論の支持アップ狙いの小細工じゃねーの?と邪推出来ないこともないけどね。いずれにしても、この法案だけは絶対通す訳にはいかない。同じ閣議決定でも消費税の税率アップのケースとは訳が違う。この法案で恩恵を被る層って売国奴と逆差別利権集団だけじゃん。

人権救済法案 20日閣議決定で調整 民主保守系反発、阻止へ

 差別や虐待による人権侵害の是正を図るための人権救済機関「人権委員会」を法務省の外局として設置するための「人権救済機関設置法案」について、法務省が今月20日の閣議決定を目指し関係機関と調整していることが2日、分かった。同省は今国会での成立を目指すが、民主党保守系議員らは「人権侵害」の定義が曖昧で拡大解釈により憲法が保障する「言論・出版の自由」が侵害される恐れがあるうえ、消費税増税法案をめぐる党内の混乱に紛れて提出しようとしていると反発、閣議決定阻止に向けた動きを始めようとしている。

 産経新聞が入手した法案原案全文によると、人権委は国家行政組織法3条に基づく独立性の高い「三条委員会」と位置づけた。人権救済にあたる人権委員は衆参両院の同意人事とし首相が任命する。

 深刻な人権侵害がある事案については刑事告発できる強力な権限を与えた。当事者間の調停や仲裁を実施し、重大な人権侵害に勧告を行うことも盛り込んだ。

 人権擁護委員について日本国籍の有無については明確に触れておらず、かりに永住外国人に地方参政権が付与されれば、外国人も就任できるようになる余地を残している。

 民主党は、政務三役や「人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(PT)」で法案の策定作業を進めてきた。野田佳彦首相も昨年9月の内閣発足時、平岡秀夫法相(当時)に重要政策課題として「新たな人権救済機関の設置」を指示、法務省は昨年12月に法案の概要を発表した。

 ただ、政府内には法案の閣議決定に消極的な意見が少なくない。民主党内の保守系議員も「消費税増税法案をめぐって党内が二分しているどさくさに紛れて法案を出そうとしている」と批判。4月上旬に党の法務部門会議で法案が審議されるとみて、党内手続きの阻止に向けて賛同者を呼びかけることにしている。

 同法案をめぐっては、法務省が自民党政権時代に「人権擁護法案」を策定した。しかし、自民党内で反対論が出て、断念に追い込まれた経緯がある。

 ■人権救済法案骨子

一、不当な差別、虐待その他の人権侵害、差別助長行為をしてはならない旨を規定する

一、法務省の外局として「人権委員会」を設置。政府から独立した権限を持つ「三条委員会」とする

一、人権侵害が認められた場合、告発、要請などの措置ができる

一、人権委員会が委嘱する人権擁護委員に現行では外国人は就けない

(4月3日 産経新聞)

 女性宮家創設についても相変わらず蠢動しているし、民主党の皆さんよ。おまいら一体誰の顔見ながら仕事しているんだ?。

 ここで「【イース様一周忌】 微笑ましい東せつな 【キュアパッション誕生日】」を紹介。


D

今日は嵐が酷くなる前に午後一でお仕事終了。人間その気になればなんとかなるのな。んで帰ってアニマックスで「フレッシュプリキュア!」を観ていたら、四つ葉のクローバーペンダントエピ。ここから始まる「ラブ×せつ」は、やっぱりいいわあ♪。というわけでこれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です