「琴浦さん」第8話「デートじゃないもん」感想 ~ 「嵐の前の静けさイベントですね。分かります」

 風邪を引いて超能力を喪失した琴浦春香嬢@CV金元寿子女史のナチュラル萌えな仕草と、脳内妄想セクハラを仕掛ける喜びを喪失して落ち込む真鍋義久君@CV福島潤氏のヘタレな変態紳士ぶりと、二人のリア充ぶりや超能力を失っても心が通じ合える喜びに浸る春香嬢の笑顔を楽しんでいたら、ラストにキッツイ一発を喰らって次回に続くでござったの巻。

 一視聴者としてはこんな感じで「いいパンチだったぜ、へっへっへ」だった今回。連続殺人事件編への入りをこういう形でやるのか。なるほどなー。

f:id:kagura-may:20130303230430j:image

 風邪を引いた春香嬢に、邪な妄想は抱けてもリアルに手は出せない真鍋君のヘタレ振りに乾杯。とりあえず、真鍋君はクマ吉君よりは信用できる男だよ。ウサ美ちゃん。

 それはそれとして、今回の真鍋妄想フルコースは全部貼れと、私のゴーストが囁くので、全部貼る。

f:id:kagura-may:20130303231506j:image

 ESP研の面子で言うと、御舟百合子嬢@CV花澤香菜女史と室戸大智君@CV下野紘氏の二人の本音の「陰」と、今後に再注目だな。最近忘れていたけど、御舟部長の本当の本心と、それを見抜いている室戸副部長の本音って、まだ語り明かされていないんだよね。室戸ママンは、どこまで見抜いた上での今回の発言かは分からないけど、この熟年カップルは、相当「大人」だよ。良くも悪くも。

 そんな周囲の思惑も知らず、初デートを楽しむ真鍋&春香ペア。春香嬢は自覚していただろうか。自分が真鍋君の心を読めなくても、彼を素直に呆れたり、怒ったり、不安になったり、信じたり出来ていたことを。

 そのおよそ無自覚に近い新しい世界を、「楽しい」という気持ちで受け入れつつあった彼女を突如襲った「殺人犯の強烈な悪意の奔流」。今の彼女が一番見るべきではなかった闇が、再び彼女の超能力を目覚めさせたのは悲しい皮肉であり、新展開への入りとしては「最高!」と評する以外に言葉は無い。

f:id:kagura-may:20130303232216j:image

 さて、次回からはこれまでにちょいちょい挟まれてきたシリアス描写もビックリの、キツイ展開と描写が続くことになる。「ラスボス」もキッチリ待機中だしね。うん、楽しみ。とりあえず、森谷ヒヨリ嬢@CV久保ユリカ女史はがんばれ。超がんばれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です