「ゴルフはしてもいい。だが、その根性が気に入らない」件について

 一事が万事。

副代表「目につかなくていいと」/一問一答

 フィリピンでゴルフをしていた民主党の石井一副代表との一問一答。(共同)

 -東日本大震災後、日本でゴルフはやったのか

 石井副代表 やっていない。やる暇ない。

 -なぜ今回プレーを

 石井副代表 日本でやらないのは、地震のことが人々の気持ちの上に(重く)のしかかっているから。国外の方がまだ目につかなくていいのではないかと思った。

 -党の震災対策副本部長だが

 石井副代表 ぼくも阪神大震災を経験したけど、被災地で、次の家を建てることを心配している人から見れば「何だ、国会議員が(なぜ)ゴルフをしているんだ」という気持ちになるでしょうね。そういう意味では一般的な自粛というのはあってもいいと思う。ただ党としてはやることはやっている。

 -フィリピン訪問の目的は

 石井副代表 日比議員連盟(日本フィリピン友好議員連盟)の会長として務めを果たしに来た。ゴルフをやるためではなくあくまで公務。被災者に悪い感情を与えるようなこと(報道)はしないでほしい。

(5月6日 日刊スポーツ)

民主・石井氏が比でゴルフ

 民主党の石井一選対委員長が今月上旬のフィリピン訪問中、在留邦人らとゴルフをしていたことが6日、関係者の話で分かった。石井氏は党東日本大震災対策本部の副本部長を務めており、野党や被災者の批判を浴びる可能性もある。

 石井氏は日本・フィリピン友好議員連盟の会長として、3~6日の日程でフィリピン訪問。生方幸夫選対委員長代理、那谷屋正義参院議員も同行した。

(5月6日 時事通信)

 ゴルフくらいやってもいいよ。しかし、「目につかない所なら何やってもいい」というそのコソコソしたゴキブリ根性が、敵ながら情けない。

 ここで「魔法少女まどか☆マギカで「空耳アワー」総集編 その2」を紹介。


D

会話ひでえ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です