「アベノ汚マスク」を製造したのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションのうちの何処だ?

やらかしたのがどの企業かはだいたい想像つくが、社名が表沙汰になることはないだろうな。政治的な事情から。多分。

とりあえず、今回の教訓。


「頼み先が普段やっていないこと、普段外部にやらせていないことを任せる時は、慎重に」
「今回のような緊急事態でもミスが許されない時は、特に慎重に」

おいら個人は評価していたのよ「アベノマスク」構想。だから、今回のような不良品騒ぎやコストの不自然な肥大化にはガッカリよ。

政府配布の布マスク、受注3社が判明 計90億円で契約

 厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの感染防止策として政府が全世帯向けに配布する布マスクについて、受注企業3社とそれぞれとの契約金額を明らかにした。同省マスク班が社民党の福島瑞穂党首の問い合わせに書面で回答した。政府は当初、製造元などを明らかにしておらず、野党から開示を求める声が上がっていた。
 回答によると、受注したのは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。布マスク配布に投じられる予算は約466億円で、福島氏側は3社の契約金額との差額について、さらに問い合わせているという。(小泉浩樹)

(2020/4/21 朝日新聞)

ここで「【FGO】ヒカリあれ【MAD】」を紹介。

「良い仕事」とは本作のような存在。「アベノ汚マスク」という雑仕事をやらかした某社には猛省を希望する。

1 個のコメント

  • 未配布マスクを全量回収 政府納入で興和・伊藤忠
    https://this.kiji.is/626093253530600545

     新型コロナウイルスの感染防止策として政府が配る布マスクに汚れがあった問題で、マスクを納入した興和(名古屋市)と伊藤忠商事は23日、未配布分を全て回収すると発表した。検品体制を通常よりも強化する方針も示した。

     メディアからのネガキャンや風評被害に、興和や伊藤忠が「そんなに言うなら全部回収して調べなおしてやらあ!もし俺らが作ったマスクからお前らが言うほど不良品が出なかったら、きっちりケジメ取らせてもらうからな!」とキレたの図。

     こうなるともう1社の出方が気になるな。どう出るかは知らんけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。