デフォルトは先延ばしに出来るけど、その代償としてルーブルの紙屑化&ロシア国内のインフレが更に加速する ~ プーチン露大統領、ルーブルでの対外債務返済を容認

ロシア大統領、ルーブルでの対外債務返済を容認-デフォルト回避探る(2022/3/6 ブルームバーグ)

  • 「敵対的活動に関与している国」の債権者への支払い巡り一時規定
  • 政府はそうした国々のリストを2日以内に用意

ロシアのプーチン大統領は5日、ルーブルでの対外債務返済を認める大統領令に署名した。ロシア政府は資本規制を続ける一方で、デフォルト(債務不履行)の回避を探っている。

大統領令はロシアとロシア企業・国民に対する「敵対的活動に関与している国」の債権者への公社債支払いに関する一時規定を定めるとしており、政府はそうした国々のリストを2日以内に用意する方針。

大統領令によれば、ルーブルをロシア中央銀行の公定レートで支払えば、債務履行と見なされる。

一方、決済機関のクリアストリームとユーロクリアは決済通貨としてのルーブル受け入れ停止などを決めた。

現在の状況下でルーブルによる利払いを加速すれば、ルーブル安と物価インフレが両建てで進むことになる。泣くのはロシア国民ばかりなり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。