【二重国籍のままにしたのが仇となったか】仏当局、日本人女性に逮捕状 両国籍の子を連れ去り容疑【日本の母親親権絶対優位の風潮が悪いのか】

日本人親によるハーグ条約違反騒動は今に始まったことじゃないが、今回のように逮捕状発付沙汰になるのは流石に珍しい。珍しいけど、「こういうことが起こってもおかしくない」感は普通にありあり。

仏当局、日本人女性に逮捕状 両国籍の子を連れ去り容疑(2021/11/30 共同通信)

パリの裁判所は30日までに、東京在住のフランス人男性(39)と日本人の妻の結婚生活破綻後、妻が子どもたちを連れ去って男性に会わせないのは略取容疑などに当たるとして、妻の逮捕状を出した。関係者が明らかにした。日本人の片方の親が子を連れ去り、欧州連合(EU)市民の親に会わせないケースの多発は日欧間の主要外交問題だが、逮捕状発付は異例。

事件は男性が2019年に告訴。連れ去られた長男(6)と長女(4)は日仏両国籍を持つため、フランス当局に捜査権限があるという。男性は警視庁にも立件するよう求めたが、妻が子どもを連れて別居するのは普通のことだとして退けられた。

本件の詳細はこの記事だけでは分からないけど、国際結婚かどうかを問わず、日本社会は離婚後の子供の共同親権の有効性について、もっと「子供の側」に立って議論すべきだと思うよ。

ここで「【MAD】伝説魚人ラメオン」を紹介。

全滅エンドなプリキュアってのはちょっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。