【ジャスミン革命以前まで】チュニジアのサイード大統領、国民代表議会の停止とメシシ首相の解任を決定【歴史の針は巻き戻るか】

チュニジアの大統領権限は大きいからなあ。「コロナのドサクサを機に権限集中を謀っている」サイード大統領がその気なら、歴史の針を一気にベン・アリー時代以前にまで巻き戻すことも可能。曰く「国権集中経由の利権ガラガラポンfor身内よもう一度」。

さてどうなることやら。

チュニジア議会、停止決定 コロナ対応への批判拡大を受け

 【カイロ共同】北アフリカ・チュニジアのサイード大統領は25日、政府の新型コロナウイルス対応を批判するデモの拡大を受け、国民代表議会の30日間の停止とメシシ首相の解任を決めたとする声明を出した。国営TAP通信が伝えた。

 独裁政権を崩壊させた2011年の「ジャスミン革命」を経て発足した議会の弱体化につながる決定で、主要イスラム政党アンナハダ出身のガンヌーシ議長は「革命と憲法に対するクーデターだ」とサイード氏を批判した。

 サイード氏は25日の演説で「チュニジアは最も危険な状況にある」と述べ、決定を正当化した。

(2021/7/26 共同通信)

ここで「【MMD】【メジロマックイーン/ネギドリル】ユメヲカケル![ShiniNet式メジ〇マoクイーン/Tda式初音ミク ショート髪デフォ服/Tda式改変重音テトデフォ服]」を紹介。

メガネマック、良き良き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です