【来年のALOS-3の打ち上げが成功すれば】高性能データ中継衛星を載せたH2Aロケット43号機、打ち上げ成功【完璧だな】

地上付近を撮影する観測衛星は、位置によっては日本国内のアンテナとデータ通信を行うことができなかった。中継衛星を経由すれば、陸上を観測する衛星との通信が可能なエリアが広くなる

「だいち3号」ことALOS-3と、今回打ち上げたデータ中継衛星が連動すれば、カバーエリアは既存衛星網の数十倍、24時間中9時間でデータ送信が可能。その結果、日本とその周辺海域の全てを監視下に置けるというわけだな。


「その通りだよ。ネモ君」

「これぞ、我々が待ちに望んだ神の目だ」なんて言っている人がいるかどうかは知らないけど、まあ、結構凄い効果が得られるよね。色々な用途で。

H2Aロケットの打ち上げ成功 偵察衛星収集のデータ中継

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日午後4時25分、政府が事実上の偵察衛星で収集したデータを中継する「データ中継衛星1号機」、JAXAの「光データ中継衛星」などを搭載するH2Aロケット43号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。衛星は約30分後に予定の軌道に入った。2005年の7号機から37回連続で成功した。
地上付近を撮影する観測衛星は、位置によっては日本国内のアンテナとデータ通信を行うことができなかった。中継衛星を経由すれば、陸上を観測する衛星との通信が可能なエリアが広くなる。

(2020/11/29 共同通信)

ここで「【艦これ】秘書艦Helenaが書類をAcceptする」を紹介。

関係ないけど、生前・私生活でのガー様って、この手のS系ロリな秘書様にこっそり甘えていたんじゃないかって気がする。気がするだけだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。