緊急事態宣言解除の39県の住民に安倍晋三首相から3つのお願い ~ コロナ禍

1.「少しずつ、段階的に」
2.「前向きな変化は、できるだけこれからも続けてほしい」
3.「日常のあらゆる場面で、ウイルスへの警戒を怠らないでいただきたい」

あれ?まともだ。

「1つ目のお願いです。雪の降る寒さを何とかして下さい」
「3つ目の願いは『良い後継者が欲しいです』ですね。わかります」

「2つ目のお願いです。天気の良い日に布団を干して下さい」
「ウルトラ5つの誓いは4番目が一番大事」

「3つ目のお願いです。息子を家に入れないでくれ!」
「猿の手と聞いて、ジェイコブズ作の怪奇短編小説じゃなく

私を連想するようになったら、その息子さんには注意だな」

流石にこういう路線は想像していなかったが普通だ。

とりあえず、件の息子さんは家に入れてあげよう。不要不急の外出を強制してコロナウイルスに感染されても、そのなんだ、困る。

安倍総理、緊急事態宣言解除の39県の住民に「3つのお願い」

 安倍総理は14日夕方、39県での緊急事態宣言解除を表明した。その上で、北海道での“第2波”や韓国での集団感染を例に挙げ、「全てをかつてに戻した途端、あっという間に拡大する、それがこのウイルスの最も怖いところ」とし、解除された県の住民に向け、「3つのお願い」を提示した。

1.「少しずつ、段階的に」
 「解除された地域の皆さんに、外出自粛はお願いしない。それでも最初は人との接触をできる限り減らす努力を続けていただきたい。県をまたいだ移動はm少なくとも今月中は可能な限り控えていただきたい。段階的に日常を取り戻していただきたい。」

2.「前向きな変化は、できるだけこれからも続けてほしい」
 「オフィスでの仕事については多くの方のご協力もあり、テレワークが普及した。改善すべきは改善しながら、前向きな変化を継続していただきたい。時差通勤などの取り組みも有効なので、これからも続けていただきたい」。

3.「日常のあらゆる場面で、ウイルスへの警戒を怠らないでいただきたい」
 「こまめな手洗いをすること。人と人との距離を取り、密集を避ける。外出する時は必ずマスクを着用し、他の人との密着、屋外での密閉は避けること。専門家会議の“新しい生活様式”も参考にしていただきたい。特に”3つの密”が濃厚な形で重なる、夜の繁華街の接待を伴う飲食店、バーやナイトクラブ、カラオケ、ライブハウスの出入りは今後も控えていただきたい。いずれもこれまで集団感染が確認された場所であり、身を守るための行動を重ねてお願いしたい」。(ANNニュース)。

(2020/5/14 ANNニュース)

ここで「【東方MMD】貧乏神の休日」を紹介。

緊急事態宣言が解除されたからって、いきなり張り切るのはやめとこうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です