【そういえば】トランプ米大統領が「COVID-19が中国の研究所から流出した決定的証拠を公表する」宣言【石正麗@武漢ウイルス研究所は今どこに?】

先月末頃から「武漢ウイルス研究所の石正麗研究員が、同研究所のP4研究室から新型コロナウイルスが流出した証拠を手土産に欧米(フランスor米国)へ亡命した」という未確認情報が、国内外のネット上で流れていた。今日のトランプ米大統領の強気発言は、彼女経由で入手したそれらの証拠がある故か?昨日は昨日でポンぺオ米国務長官が似たようなコメントを米ABCで言ってたし。

もっとも、ホワイトハウスの偉いサンたちにそういう「事実」を信じ込ませといて、絶妙のタイミングで


石正麗「私が持ってきた情報は全部ウソだよ!ヴぁーか!」

爆弾を炸裂させようという中国の謀略に、USA上層部が揃って乗せられている可能性もあるけどな。どっかの島国の偽メール事件じゃないけど、喧嘩相手にホンモノっぽいガセネタ掴ませて、彼らの主張全体の信用を失墜させる小細工なんて、この手の情報戦じゃ珍しくないし。

とりあえず「プロパガンダ戦大好き」米国のお手並み拝見。おいらは、延長された緊急事態宣言期間中に観るアニメと映画と時代劇のセレクトで忙しいんで、米中のリアルドンパチはその後でやってくれ。

“武漢からコロナ”米「決定的」証拠公表へ

アメリカのトランプ大統領は3日、新型コロナウイルスが中国・武漢市の研究所から流出したとの主張を裏付ける「決定的な」証拠を含む報告書を公表する考えを示しました。
トランプ大統領は3日、FOXニュースのタウンホールに出演し、新型コロナウイルスがどのように武漢のウイルス研究所から流出したかを裏付ける報告書を準備していると明らかにしました。
トランプ大統領「何が起きたかを正確に示す、非常に強力な報告書を出す。非常に決定的なものだ」「中国はひどい失敗をした。認めたくなかったんだろう」
大統領はこのように述べ、ウイルスの流出は意図的なものではなかったとの見方を示しました。ただ、中国が世界の対応を誤った方向に導いたかと問われると「疑う余地はない」と述べ、改めて中国を批判しました。
一方、中国側はトランプ政権の主張を強く否定しています。
中国共産党系の環球時報は4日付の記事で、「我々はアメリカが世界に証拠を提示することを求める。しかし提示できないだろう」と指摘しました。その上で、トランプ政権が「ウイルス起源の問題に焦点をあてて選挙で自分たちの不利な状況をひっくり返そうとしている」として、大統領選向けのパフォーマンスだと厳しく批判しました。

(2020/5/4 日本テレビ)

ここで「【演物語】〜アイドル部2周年記念合作〜」を紹介。

美しきかな、もはや元に戻らない世界(意味深)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です