【楽天上層部の】楽天が販売を始めた法人向けのPCR検査キットに日本医師会がダメ出し【サイエンスリテラシーの底が知れた愚行の極み】

それも、楽天の偉いサンだけが暴走して、この「素人によるコンタミだらけ検体採取」「誤診断の大量発生による医療現場への無駄な負担増大」「企業が従業員へ自傷行為を強制」ツールを売り出したっていうならともかく、「遺伝子解析のプロ」ジェネシスヘルスケアが関与してのこの愚行。

株主様には逆らえなかったってか? 楽天でこのプロジェクトを進めた関係者や認可した責任者以上に、ジェネシスヘルスケアの経営陣は、プロとして恥を知れ。

法人向けのPCR検査キット販売「非常にリスク高い」 日本医師会が懸念

 日本医師会常任理事の釜萢敏氏は22日、新型コロナウイルスへの感染の有無を調べるPCR検査キットの法人向けの販売に「非常にリスクが高い」と懸念を示した。
 楽天は遺伝子検査などを行う出資先の企業と連携し、20日から東京や神奈川など5つの都や県の法人向けにPCR検査キットの販売を始めた。せきや発熱などの症状は出ていないものの不安を抱える人を対象として想定し、利用者が自分で鼻の奥の粘膜などを採取して、会社などに設置される専用の回収ボックスへ入れるという。
 釜萢氏はこうした手順にリスクがあると指摘。「本人が検体を採取するとしても、周りに感染が拡大する恐れがある。しっかりとした体制が取れるのか」「検体の採取は正確に行われることが必要。採取の方法が不適切であれば結果は信頼できないものになり、そこは担保されるのか」と懸念点を示す。また、陽性と出た人が医療機関を訪れても扱いに戸惑うとし、「普及してそれぞれが自分で検査することについては、非常にリスクが高いと考えざるを得ない。企業が事業者にやってもらうことについても、結果や個人情報をどのように扱うかが整理されていない中で、問題が多いものだと考えている」とした。
 一方で、PCR検査を受けたくても「受けられない」という声もある。この点については「PCR検査は制度を管理した上で、幅広く検査ができるようにすべきだというのは日本医師会としても主張していること。しかし、あくまでも医師が必要だと認めたケースについて検査できるということが大事。限られた医療資源なので、国民全体にくまなく実施することは現実的に不可能だ。この検査キットもある程度の値段がかかるということを踏まえ、適切に管理されなければならない」と述べた。(ANNニュース)

(2020/4/22 AbemaTIMES)

ここで「【東方MMD】こいしでGimme×Gimme【カメラ配布あり】」を紹介。

汚れたモノを見せられて穢れたおいらの眼。こいしちゃんの舞で浄化してもらおう。

日本医師会が大嫌いなおいらだが、今回ばかりは彼らに同調せざるを得ない。この口惜しさもこいしちゃんの以下略。

1 個のコメント

  • https://bunshun.jp/articles/-/37505
    楽天PCR検査キット開発企業トップ 経歴詐称疑惑で交代へ

     楽天が法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスのPCR検査キット。医師会などから反発の声が上がっているが、検査キットを開発・製造する「ジェネシスヘルスケア」の佐藤バラン伊里・代表に、過去に経歴を詐称していた疑惑が浮上し、楽天が退任させる方向で調整していることが、「週刊文春」の取材で分かった。

    こないだは、つい「ジェネシスヘルスケアの経営陣は、プロとして恥を知れ」と糾弾してしまいましたが、とんだ早とちりでした。真っ当なプロですらなかったんですね。ここのトップってば。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です