【港では汚染船が停泊】2020年の日本が抱える危機を体現する大都市・横浜【陸では水道管が破裂】

新型肺炎新たに3人感染 横浜港のクルーズ船、沖へ移動(2020/2/8 神奈川新聞)

厚生労働省は8日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者のうち新たに3人に新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。船内で確認された感染者は計64人となった。
厚労省によると、乗客乗員らを対象にした検査で、7日に新たに6人の検査結果が判明し、このうち3人から陽性反応が出た。神奈川県によると、3人は同日中に県内の感染症病棟がある医療機関に搬送され、入院した。クルーズ船で感染が確認されたのは検査した279人中、64人となった。
3千人以上の乗客乗員は船内で待機する状態が続いている。乗客がバルコニーの手すりに「くすり届かず」と垂れ幕を掲げるなど、船内で医薬品不足が指摘されていることについて、厚労省の担当者は「船内で待機している乗客数が多く、必要な薬の入手など全ての要望には応え切れていない。できるだけ早く用意したい」としている。

マンホールから水噴出“高さ10m”横浜市(2020/2/8 日本テレビ)

8日午前10時前、神奈川県横浜市旭区で、マンホールから水が噴き出した。
午前10時前の横浜市旭区の映像では、マンホールから大量の水が勢いよく噴き出し、周囲も水浸しになっている。
警察によると、午前10時前、「水が噴き上げている」と110番通報があった。横浜市水道局によると、現場では午前9時から、水道管のバルブをとめて、空気弁を取り換える工事が行われていたが、何らかのトラブルで水が噴き出したという。

最初の感染者の確認後急速に感染エリアが広がり、天然物にしては異常な器用さで変異、ついでに抗ウイルス剤への耐性を強めている謎()の新型コロナウイルスの脅威と、高度経済成長期に整備された水道設備の老朽化と同事業に関する技術者の減少の同時進行という、二大災禍に晒されている国・日本。


「今日の横浜はその縮図ですね」
「とりあえずバナナ食べよう。バナナを(皮肉)」

意外と効いたりしてね。神は天にいまし、すべて世は事もなし。新型肺炎もインフラクライシスもやれることをやるしかないって。混乱や絶望する前にやれることは山ほどあるって。

ここで「【神楽すず・ヤマトイオリ】CURE UP↑RA♡PA☆PA!【MMD】」を紹介。

明日も欠かさず「プリキュア」を見るとかな(真顔)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です