【汝平和を欲するなら】ハヌカを祝うパーティー中のユダヤ教指導者宅を刃物男が襲撃、5人を刺す【隣人からの悪意に備えよ】

ユダヤ教徒だのイスラム教徒だのキリスト教福音派だのアメリカ人だのメキシコ人だの移民だの黒人だの白人だのくだらねえぜ!


「世界のみんなで一緒に新年を祝いましょ」

シャレ抜きで。真面目に。

米NYのユダヤ教指導者宅に刃物男が押し入り、5人刺される

【AFP=時事】(更新)米ニューヨークで28日夜、ユダヤ教の指導者宅で同教の祭日「ハヌカ(Hanukkah)」を祝うパーティーが開かれていたところ、刃物を持った男が押し入り、5人を刺して負傷させた。
 現地のユダヤ教正統派公共問題評議会(OJPAC)はツイッター(Twitter)への投稿で、「今晩9時50分(日本時間29日午前11時50分)、多数の人が刺されているとの通報が入った。現場はハシド派(超正統派)のラビ(ユダヤ教指導者)の家で、5人が刺し傷を負い、地元の病院へ搬送された。5人は全員、超正統派の教徒だ」と発表した。2人は深刻な容体だという。
 地元のラマポ警察(Ramapo Police)がフェイスブック(Facebook)上で明らかにしたところによると、容疑者は身柄を拘束された。
 米テレビ局CBSニューヨーク(CBS New York)の報道によると、ユダヤ教徒の住民が多い同州モンゼイ(Monsey)にあるラビの家に刃物を持った男が押し入り、少なくとも3人を傷つけた上で逃走した。当時、教会ではユダヤ教の祭日「ハヌカ(Hanukkah)」の祝典が行われており、中には数十人がいたという。
 OJPACハドソンバレー(Hudson Valley)地区の幹部は米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)に、被害者の一人はラビの息子だと語った。
 近年米国ではユダヤ教徒を標的とした襲撃が相次いでいる。
 今月に入り、ニューヨーク郊外ではユダヤ教の戒律に従った「コーシャー」食品を扱う店が銃撃され、容疑者2人を含む6人が死亡した。【翻訳編集】 AFPBB News

(2019/12/29 AFP-BB)

ここで「【MMD】ミクさん達で『好き!雪!本気マジック』【あぴミク7周年】【カメラ配布あり】」を紹介。

テロリストも愛国者()も年末年始くらいは休みを楽しめ。普段の活動の日々には見えなかった何か新しいものに気づくかも知れんぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です