関東在住の41歳男が「京都アニメーション・第一スタジオ」に放火、死者33人負傷者35人

41歳男の正体が誰で、犯行動機が何かなんてどうでもいい。

怒りを通り越して。ただ悲しい。ただ悔しい。

アニメを作っていた人たちが、突然こんな酷い目に遭わされなければならない合理的な理由があるなら誰か教えてくれ。

いや、教えてくれなくてもいい。知ったところで納得できるわけないから。

納得するつもりもないから。

京都 アニメ会社火災、33人の死亡確認

 18日午前、京都市伏見区のアニメ製作会社で起きた火災で、33人の死亡が確認されました。
 警察と消防によりますと、午前10時30分すぎ、京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション・第一スタジオ」で起きた火災で、33人が死亡、さらに建物内にいた35人が重軽傷で病院に搬送されました。
 「作品を作るたびに殺害予告というより、それに類するものはたしかにあった。打ち合わせで人が来社することが多い時は、オープンにしていることもある」(京都アニメーション 八田英明社長)
 警察は、「液体をまいて火をつけた」と話していた41歳の男を確保していて、現場付近には携行缶やバケツのようなもの、複数の包丁が入ったカバンなどが残されていたということです。警察は計画的な犯行の可能性もあるとみて捜査しています。

(2019/7/18 TBS)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です