【過ぎたるは】トランプ米大統領、今週予定していたメキシコ国境封鎖を「1年間」延期【猶及ばざるが如し】

 中国やカナダと並ぶ有数の貿易相手国であるメキシコとの国境を閉鎖すれば、米経済への打撃が計り知れず、政権内外からの反対論が強かった。

メキシコで生産している自動車部品などの米国内流入が止まる→製造業ストップ→レイオフ拡大→消費鈍化→米国民「何やってんだドナルド!」という展開になるのが分かっているんだから、そりゃ止めるわな。政権内外、特に直接責任取らされかねない商務省関係者は。

要は次の大統領選挙まで「メキシコとの国境問題についてファイティングポーズは崩してないよ!信じて!みんな!」というメッセージを出せればトランプ米大統領的にはOKなんだから、こういうオチになるのはごく自然な流れ。

「最低賃金を無理やり引き上げ→人件費負担増に耐えられなくなった企業倒産&新規採用抑制→失業率悪化→消費鈍化→韓国民「何やってんだ文!→文在寅『あれぇ?』と同じ轍を踏まないくらいは、賢かったのです。ホワイトハウスのお歴々は」

「というより、そういう展開になることを読めなかった青瓦台のお歴々が、経済を分かって無さすぎなのですよ」

今更だけど、アレを止める偉い人はいなかったのかねえ?当時の韓国政府上層部には。

とりあえず今は全土で多発している山火事対応の方が大事な韓国。だから今くらいは、国民を混乱させるような妄言を口にするなよ。文大統領。

米大統領、今週の国境閉鎖撤回 メキシコに1年期限、主張後退

【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日、今週にも南部のメキシコ国境を閉鎖するとの考えを撤回した。ホワイトハウスで記者団に、メキシコが「1年で」薬物や不法移民の米国流入阻止を改善できなければ、自動車輸入に関税を課し、それでも状況が好転しない場合は国境を閉鎖すると警告した。
中国やカナダと並ぶ有数の貿易相手国であるメキシコとの国境を閉鎖すれば、米経済への打撃が計り知れず、政権内外からの反対論が強かった。
トランプ氏はメキシコがここ数日、中米諸国からの不法移民の取り締まりを強化していると強調し、新たに1年の期限を設け、主張を後退させた。

(2019/4/6 共同通信)

ここで「【シャニマスMAD】夢咲きAfter school」を紹介。

愛が溢れている上に完成度高っ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です