【麻生がゴネて】「忖度おじさん」塚田一郎国土交通副大臣、更迭へ【事態が悪化】

  •  首相官邸は当初、塚田氏を続投させる意向だった。塚田氏は麻生太郎副総理兼財務相の秘書を務めた経験があり、現在は麻生氏率いる自民党麻生派(志公会)に所属。首相の盟友・麻生氏が辞任に否定的だったのが大きな理由だった。
  •  麻生氏は5日の記者会見で「副大臣の忖度くらいで事が決まる話ではないないことははっきりしている」と否定したが、夏の参院選で改選を迎える塚田氏の選挙事情にも考慮し、最終的には塚田氏の辞任に納得したとみられる。

7月の参院選の前に、目先の統一地方選へのフレンドリーファイアが一発決まっちゃったけどな。

第19回統一地方選・前半戦スタート ~ 大阪以外「おもろくない」結果で終わりそうな11道府県知事選予想(2019/3/21)

大阪府知事選

  • 僅差上位 小西禎一(元副知事):自民党 公明党 国民民主党 立憲民主党 共産党
  • 僅差下位 吉村洋文(元大阪市長):大阪維新の会

【北海道は鈴木直道、神奈川は黒岩祐治、福岡は小川洋が圧勝で決まりなので】辰巳琢郎にフラれた自民党大阪府連、大阪府知事選に元府副知事の小西禎一を擁立へ【大阪くらいは鑑賞に堪えうる知事選になってくれ】(2019/3/11)

  1. 自民党大阪府連は既におもしろくない連中確定だけどな。政治経験より知名度を優先した「首長」候補選び。こいつら学習能力が無いというか、ぶっちゃけ大阪府民を舐めてるだろ
  2. 中央政府からすれば、自民と維新、どちらの候補が勝っても改憲戦略的にはどうでもいいけどね。地元のこんがらがった利権の行き先が変わるだけ。それだけに、自分たちの懐のゼニカネが直接絡んでくるこの戦で本気で勝つ気あるのか?自民党大阪府連?という気分になる

それでも結局のところ、「戦は数(組織票)だよ兄貴」。大阪市長選の方は松井一郎で固いとして、ノッポは番長とのタッグ戦法でどこまで数的劣勢を詰められるか。2019年統一地方選・前半戦の数少ない見どころ。

予想より反維新連合の組織票固めが進んでいなかった最中に、降って湧いたこの忖度騒ぎ。反維新「野合」戦線はもうダメだな。大阪は知事選も市長選も維新が獲る。中央政府の改憲戦略的には問題ないとは言え、負けは負け。気分は悪いがしょうがない。自業自得だ。特に麻生太郎のゴネ経由ってのが致命的。

現職・小川洋の1/5~1/4の票しか獲れず惨敗確実な武内和久を福岡知事選の自民党推薦候補としたこと以上に、今回の「忖度おじさん」の件はダメージ大きいぞ。副総理閣下にとって。

「そろそろ潮時かな。麻生のオジサマも」
「え?二階のオジサマもそう思う?だよねー☆今が攻め時だよねー☆」

(ガチャ)

「言ってろ。同じ穴の狢」
「次はあんただ」

安倍晋三首相、「政治決戦」控え火消し図る 塚田一郎副大臣を事実上更迭

安倍晋三首相らへの「忖度」発言をめぐり、塚田一郎国土交通副大臣(55)=参院新潟選挙区=が事実上、更迭された背景には政府・与党が統一地方選や夏の参院選に影響が拡大するのを懸念したことがある。首相は当初、罷免を否定していたが、野党の反発が強まる中で辞任はやむを得ないと方針転換した。
「多くの皆さまに多大な迷惑をかけた。国民にも改めて謝罪したい」。塚田氏は5日、国交省で記者団の取材に応じ、そう謝罪の言葉を繰り返し何度も頭を下げた。
首相官邸は当初、塚田氏を続投させる意向だった。塚田氏は麻生太郎副総理兼財務相の秘書を務めた経験があり、現在は麻生氏率いる自民党麻生派(志公会)に所属。首相の盟友・麻生氏が辞任に否定的だったのが大きな理由だった。
ただ、塚田氏の国会答弁は「われを忘れて誤った発言をした」などと苦しい説明に終始し、「利益誘導」を主張する野党の反発は収まらなかった。さらに、森友・加計学園問題を連想させる「忖度」という言葉を使ったことに対し、与党内でも「もっとも使ってはいけない言葉」(党幹部)との辞任論が高まった。
麻生氏は5日の記者会見で「副大臣の忖度くらいで事が決まる話ではないないことははっきりしている」と否定したが、夏の参院選で改選を迎える塚田氏の選挙事情にも考慮し、最終的には塚田氏の辞任に納得したとみられる。
7日には統一地方選前半戦が投開票され、その後は衆院大阪12区、沖縄3区の両補欠選挙がある。今年最大の「政治決戦」となる夏の参院選も控える。対応を誤れば政府・与党への風当たりが強まることは避けられず、苦渋の決断に踏み切った。(今仲信博)

(2019/4/5 産経新聞)

ここで「檄!バンドリ華撃団 ガルパ.ver」を紹介。

説得力のあるネタを投入するのに一番大切な要素は「タイミング」ということが良く分かるMAD。麻生派の偉い人たちは本作の作者のセンスを見習え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です