「女性キャラが履いているのは下着ではなくズボンだもん」と「会談で求めたのは全部ではなく一部の制裁解除だから北朝鮮は悪くないもん」のどちらの方が説得力があるか

「下着ではなくズボン」 ちら見え、自衛官募集ポスターに批判(2019/2/28 京都新聞)

自衛隊の広報活動などを行う防衛省自衛隊滋賀地方協力本部(大津市京町3丁目)が作成した自衛官募集のポスターに批判が起こっている。女性キャラクターのスカートから下着様の着衣が見える描写があるためで、同本部は「下着ではなく問題ない」とするが、「セクハラではないか」などと声が上がっている。
京都新聞の取材に、同本部は「アニメの既存の図柄を使用している。指摘の着衣は、下着ではなくズボンだという設定で、適切な範囲だと考えている。多くの人から評価を得ている」と説明している。

北朝鮮外相が深夜に会見、トランプ氏の発言に反論(2019/3/1 朝日新聞)

ハノイで開かれた米朝首脳会談に臨んだ北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に同行している李容浩外相らが1日深夜(日本時間1日未明)、韓国など一部メディアを対象に記者会見を開いた。李氏は、トランプ米大統領が28日の会談後に開いた記者会見で、米朝が合意をまとめられなかった理由に正恩氏が経済制裁の全面解除を要求したことを挙げたことをめぐり、「我々が要求したのは全面的な制裁の解除ではなく、一部の解除だった」と主張した。

どっちもどっちかなあ。

とりあえず防衛省自衛隊滋賀地方協力本部が「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」と返答しなかったのは賢明であったのではなかろーか(小並感)。

ここで「パンツじゃないもんレーシング」を紹介。

もともとこういう作品のキャラなんでしょうがないというかなんというか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です