「次の出し物」は橋下徹の乱入かな? ~ 自由党と国民民主党が合流。参院の野党第1会派(仮)へ

1/28の通常国会召集前に両党から離脱者が出て、参院の野党第1会派構想が幻に終わらなければ。

まあ、政党クラッシャー印の使い古しJOKERとわざわざ組んだんだ。橋下徹が乱入しようがしまいが、玉木代表@国民民主党にはせいぜい

てな感じで気張って欲しいところ。

小沢一郎と組んだ以上、国民民主党は遠からず崩壊する。せめて散り際までの舞いは派手にいけ。立憲民主党が共産党と同様に、政権を狙わない「確かな野党」路線を取り始めた以上、冗談でも「打倒自公政権!」「次の政権与党を狙います」と口にできるのは国民民主党だけなんだから。実現するとは欠片も思わんけど。

自由党と国民民主党が合流へ 小沢氏と玉木氏が大筋合意

国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎代表が22日、両党を合流させる方針で大筋合意した。両党所属議員が全員合流すれば、参院では野党第1会派となる。夏の参院選に向け、28日召集の通常国会で発信力を高めていく狙いだ。
玉木氏と小沢氏はこの日夕、都内のホテルで会談。両氏は自由が解党する形で国民に合流する方向で党内調整を進めていく方針を確認した。今後、党内に持ち帰った上で通常国会開会前までに合流手続きを済ませる。
自由に所属する国会議員は衆院2人と参院4人の計6人。国民へ合流すると、衆院は立憲民主党が野党第1党のままだが、参院の会派勢力は立憲25に対して国民は27になる。昨年の臨時国会で立憲に奪われた野党第1会派の座を取り返すことになり、国民が参院で野党を代表して与党との国会運営の交渉役を担うことができる。

(2019/1/22 朝日新聞)

ここで「【賭ケグルイ×× OP】コノユビトマレ【高音質】」を紹介。

小沢一郎の「コノユビトマレ」は流石に今回が最後かねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。