【舞台は貴族の元邸宅】英国の住宅で発見された遺体はリナ・ヤスタケさん49歳 ~ 「ヘルムスリーの悪夢」【登場人物は謎の日本人家族】

  • イギリスの住宅で突如、見つかった遺体。その住宅に住んでいた日本人とみられる3人
  • 地元メディアに掲載された記事の冒頭には「おぞましい発見」
  • この家に住む46歳の男性のほか、75歳と51歳の女性2人の身柄拘束
  • 46歳の日本人男性作家と51歳の女性は姉弟だが、近所付き合いがほとんどないため詳細は分からない
  • この住宅にはかつて貴族が住んでいたが、20年以上前に日本人とみられる家族が引っ越してきて、当初は5人が住んでいた

むせかえるほどビクトリア様式な猟奇事件、あるいは、エドガー・アラン・ポー的なゴシックホラー。

いかにも英国的なダークで狂気な事件ですわ。

英の住宅に遺体…住人“日本人家族”交流なく多い謎

 イギリスの住宅で突如、見つかった遺体。その住宅に住んでいた日本人とみられる3人。はたして関連は。
 地元メディアに掲載された記事の冒頭には「おぞましい発見」と書かれていた。イギリス中部にある街「ヘルムスリー」の住宅で25日、身元不明の遺体が見つかった。この住宅の屋根を修理していた業者が異臭に気付き、警察に通報。身元不明の大人の遺体が見つかった。複数のメディアは、この家には日本人の男性作家(46)とその家族が暮らしていると報じている。地元警察はこの家に住む46歳の男性のほか、75歳と51歳の女性2人の身柄を拘束したと発表。国籍や名前、職業などは明らかにしていない。地元メディアは46歳の日本人男性作家と51歳の女性は姉弟だと伝えているが、近所付き合いがほとんどないため詳細は分からないという。地元警察は現時点で証拠が十分ではないとして、いったん3人を保釈したが、捜査は継続するとしている。地元メディアは、この住宅にはかつて貴族が住んでいたが、20年以上前に日本人とみられる家族が引っ越してきて、当初は5人が住んでいたとも報じている。

(2018/9/28 テレビ朝日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です