【町政ではセクハラ町長と町議会が対立】群馬県みなかみ町、試練の夏2018【観光ではパラグライダー事故で2人死亡】

みなかみ町 町長セクハラ問題 観光分野にも影(2018/6/30 毎日新聞)
パラグライダー墜落 男性2人死亡 群馬・みなかみ(2018/6/30 産経新聞)

梅雨期間中の降水量は平年の半分以下だし、今年の夏のみなかみ町は何か全体的におかしいぞ。

まさか伝説のヤツカハギ様が現世に復活して、密かに悪さしているんじゃあるまいな?

もっとも、ここ数日の気候から考えると、梅雨明けの酷暑にキレた天狗衆が地元民に八つ当たりしている可能性の方がちょっとだけ高いかな。とにかく、何か何処かがおかしいぞ。今のみなかみ町。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。