IOCバッハ会長、平昌五輪後に北朝鮮を訪問な件について

2代前のサマランチが「ビジネス寄り過ぎな五輪の象徴」とすれば、当代のバッハ会長は「政治寄り過ぎな五輪の象徴」。先代のロゲ会長も決して完璧ではなかったが、サマランチとバッハの2人に比べれば、遥かにバランスが取れていた人物だったなあと、今更ながらに思う次第。ここ1-2カ月は特に。

 平昌五輪後、北朝鮮へ何をしに行くかは知らないけど、これ以上余計な事はしないで欲しいね。もし北朝鮮の現体制の維持、核開発の支援につながるような「お土産」を平壌の金正恩へ持っていくつもりなら、その前に

「クビになっちゃえ!」

あるいは、1936年ベルリンオリンピックの「少しでもマシな開催」を願い、最盛期のヒトラー相手に丁々発止頑張った、第3代会長のバイエラトゥールの剛毅な精神を、多少なりとも身につけろ。マジおススメ。

IOCバッハ会長、平昌五輪後に北朝鮮を訪問へ

【AFP=時事】国際オリンピック委員会(IOC)は12日、平昌冬季五輪の終了後、同委員会のトーマス・バッハ(Thomas Bach)会長が北朝鮮を訪問すると発表した。

IOCの広報担当マーク・アダムズ(Mark Adams)氏によると、先月20日にスイスのローザンヌで行われた北朝鮮の平昌冬季五輪参加をめぐる韓国と北朝鮮の政府高官らを交えた協議において、バッハ会長が北朝鮮側から同国訪問の招待を受けたという。

アダムズ氏はAFPに対し、バッハ会長の訪問は、北朝鮮の平昌五輪参加を承認した先月の合意の一環だと明かしたものの、具体的な日程は決まっていないと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

(2月12日 AFP-BB)

ここで「【第20回MMD杯本選】妖夢さんちのきょうのごはん」を紹介。


D

平和はね、偉い人が唱えるお題目から生まれるものではないの。その土地に住んでる人の食卓から生まれるものなの。

 

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です