「英俊がセーラー服を着始めた時期」と「竹田家から女性がいなくなった時期」が気になる事件 ~ 80代の父親の遺体と3年間同居していた竹田英俊45歳、逮捕

竹田容疑者は、取り調べに対して「父が生きている時、もしも死んだら一緒にいていいよと言われた」などと容疑を認めているということです。

仮に80代男性の妻あるいは竹田英俊の母といった「女性」という存在が竹田家から消えたのが、今から30年前だったとしたら、今回遺体で見つかり「死んだら一緒にいていいよ」と息子に言い残した父親は50代、英俊は15歳か。

もし「それ」が背景なら、あんまり女装の件は詰めて聞いてやるな。捜査陣。

逮捕時はセーラー服…“父親”の遺体を風呂場に放置

父親とみられる遺体を風呂場に放置していた男。逮捕された時はセーラー服姿でした。

竹田英俊容疑者(45)は東京・練馬区の自宅で、80代の父親とみられる遺体を3年前から放置していた疑いが持たれています。

近隣の住民:「(竹田容疑者は)着るものは最近、セーラー服みたいなものを着ていた」

警視庁によりますと、竹田容疑者は逮捕された際、セーラー服を着ていたということです。竹田容疑者は、取り調べに対して「父が生きている時、もしも死んだら一緒にいていいよと言われた」などと容疑を認めているということです。

(8月24日 テレビ朝日)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です